忍者ブログ
RoboCup Junior Japan Rescue Kanto OB

             2005~2013
[1]  [2]  [3
2016年になりました。

当ブログも移転から5年となり、5周年を迎えることができました。

昨年は特に夏頃の更新が滞りがちでしたが、無事新年を迎えることができました。



今年度はまた忙しくなるので更に更新頻度が落ちる可能性も高いですが、今年もよろしくお願い致します。


ブログの方向性としては以前の記事の通り、当面はPythonとC#についての記事、C#はまだ記事0だけど

あと今回行ったサーバーの更新についての後日談を垂れ流していこうかと考えています。


まぁできる範囲でちょっとづつ進めていけたらなぁと考えています。

それでは今回はこの辺で


(^・ω・)ノ curonet at RadiumProduction
2つ目のカタパルトとか天山友永とか彗星江草とか取ってました。3つ目と村田岩田はこれからです。


今日は進捗の煽りも兼ねてあるブログの紹介をばしようかと思います。
産技高専生向け大学編入記事第二弾です。第一弾はこちら

今回は、大学に入るにあたって学んでおくべき知識についてのお話です。
からちょっと待って(´・ω・`)

(^・ω・)ノ curonet at RadiumProduction
どのタイミングからかよくわかりませんが、


少なくとも1年近く前から、ブログのコメントがすべて非公開になっていたようです><。
というか、こっちからも確認ができなかった(´・ω・`)

コメントしていただいた方申し訳ございませんでした。先ほど全て反映、公開させましたのでご報告を。


通知がくる設定だったはずがそれも途絶えていて全く確認ができていませんでした。(オイオイ


現在原因については調査中です。シスが完全に復旧しましたらまたお知らせします。
あとコメントの返信もね!


でわでわ。

(^・ω・)ノ curonet at RadiumProduction
Twitterやらなんやらでは嘘をついたりもしていたのですが、

このブログで嘘つくのを忘れてました。

今日はエイプリルフールですよ。

嘘、つかなきゃ(使命感)



っと言ってもつく嘘のネタは大体使い果たしてしまったのでつく嘘がもう残ってません。

まぁ今日は何人かもう騙せたからもういいかな・・・。


あーこのブログ今日で閉鎖されるらしいですよー(棒読み)

よし嘘ついた。ノルマ達成。本題に移ります。


今日はエイプリルフールということで、個人だけでなく様々な企業、団体も

多種多様なエイプリルフールを楽しんでいましたね。

特に企業ではこのエイプリルフールに一体何を求めているのか

嘘をつく、というよりネタに走るといった傾向が強いですね。
某ロフトはハンズを名乗るし、某ハンズはロフトを名乗るし訳がわからないです。

さて、この企業によるエイプリルフール合戦。毎年一躍話題になるのがGoogleですね。

Google Mapsをドラクエ化したり、モールスIMEをリリースしたり、

他の企業よりエイプリルフールにかける情熱は人一倍といったところでしょう。


そして今年は何をやったのかといいますと・・・


Google Mapsの世界各地にいるポケモンをゲットしてポケモンマスターを目指そう!

というものでした。

実際にGoogle Maps上のあっちこっちにポケモンが配置されていて、

それを捕獲して図鑑を埋めるというGoogle Mapsそのものを一種のゲームにしてしまう、

そんな企画となっていました。

実際にやってみるとしっかり作られていて、ちゃんと捕獲したポケモンが図鑑に載ったり

発電所には電気タイプのポケモンが、寒い地域には氷タイプが、川には水タイプなど

ある程度考えて配置されている節がありました。

あとは秋葉原にピカチュウがいたり、ソチなどの時事ネタにも合わせてポケモンが配置されていたり

一部の観光地にはその観光地に合わせてポケモンが配置されていることもあって

Google社のポケモン愛を感じる場面が多かったです。
早稲田大学にウソッキーを置いたのも時事ゲフンゲフン

全部で150種類のポケモンが配置されたようなのですが、世界各地から見つけるということもあり

ゲームとしての難易度は高かったと思います。Googleの一発ネタゲームはいつも難易度高めですしね。

結局僕は40匹弱しか見つけられず、時間切れとなってしまいました。150匹集めた人いるのかなぁ。


丸一日かければどうにかなったのかもしれませんが流石にそんなに時間に余裕はありませんしね。


という訳で今日はそんなエイプリルフールねたでした。Google先生いくら使ったんですか・・・。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior

はぴょう終わりました。


ツイッターでは毎日のように、このブログでも何度も爆死予告が行われてきましたが、

まぁ予告通り爆死しまして、轟沈致しました。

再起不能となった人も数多くいた中では被害は少なかったほうでしょう。それでも甚大な被害です。


そんな中間はぴょうも終了し、研究室のメンバーで打ち上げに行ってきました。

場所は浜松町。そう、ポケモンセンターです!



なんで、卒研の中間はぴょう後に、それも台風が来てる中風邪を引いてるのに行ったのか。

そういう細かいことはこの際置いておいて、みんなで行ってきました。きっと深夜テンションです

本来の目的としてはみがわり人形を買いに行ったのですが流石に売り切れてましたね。


とりあえず他に買うものもなかったのでヤヤコマのキーホルダーと部へのおみやげを買って帰りました。

ポケセンは浜松町に移動してからは1回も行ったことがないのですがだいぶ雰囲気違いますね。

日本橋の頃はもっとお店って感じだったのですがこっちはなんというか遊び場って感じでしょうか?


ヨドバシのようにゲームで遊べるスペースがなかったのにはちょっと驚きでしたが

まぁそれなりに楽しかったですね。あの露骨なヒトカゲ推しは何だったのでしょうか?

因みに移動においても今回は深夜テンションだったので、


なんと東京モノレールを使いました!

・・・何がしたかったのかはわからない。定期で行けたのに・・・。しかも1駅

皆さん、これが高専生というものです。やると決めたら、徹底的に。


という訳で今日はそんな卒研はぴょうの報告会でした。

卒研の話してないね(´・ω・`)

最後にたまたま目に入った東京タワーの状態が凄かったので一枚。

下の展望台より上が雲に隠れちゃってますね

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
えぇ。あくまで噂です。

でも確かに2012年末期になってからあまり声を聞かないような・・・。

何処の会社も・・・ねぇ。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
zemの作業日誌とのネタかぶりが酷いです。

今度はこっちが追う展開(笑)


先程80000アクセスのキリ番が吹っ飛んでる事に気が付きました。

レポートやってる間の出来事だったので何がなんやら・・・。


っていうかこれは本当に朝までに終わる課題量なのか?18時頃から不眠不休で頑張ってますが、一向に進む気配ナシ。


もはやどうしようもないレベルにまでキてしまっているのでは・・・?あぁ・・・世界が回る・・・。


ともかく今日も皆様アクセス有難うございますなのです。


た、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
ツッコミ待ちということで宜しいのでしょうか。

先週の土曜付近からずーっと見覚えのあるものが学校の出入口付近に置かれてるんですけど・・・。

あっアレは・・・
近くまで這い寄ってみましょう。

すると・・・やっぱり。
さ・・・さっかーふぃーるどだぁ!
新品のサッカーフィールドです。グリーンカーペットが4つも!

これでもうわざわざサッカーフィールドをダイナミック搬入したり、ダイナミック搬出したりする必要がなくなりましたね!


試験期間中の出来事だったので割かしスルーしていましたが、試験が終わってよく見てみると、やっぱり新しいです。

木の香り・・・はあんまりしませんでしたけど。

只サッカーのプロである副部長の話だと、ちょっと今までのより芝が黒っぽいんだとか。

照明の影響じゃないのかな?とは思うのですが。確かに写真で見てもなんか黒いような。


でもさわり心地は今まで通りなんでしょう。きっと。


まぁ細かいことは知りません。とにかく今日はそんな感じの記事でした。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
半導体を回路中に含まず、コイルとコンデンサと抵抗でできている回路が電気回路で、

半導体を使ってる回路を電子回路というそうです。全く無益な情報ですね。



今日ご紹介するのは明日の最後の試験科目である電子回路です。

この手の授業は2年生の頃からやっているようなきがするのですが、一向に内容に進展の気配がありません。

いつまでたってもトランジスタのお話が続いていい加減飽き飽きしていたところだったのですが・・・。


後期になったら突然オペアンプの話になりました。

<オペアンプとは・・・?>
演算増幅器(おぺれーしょなるあんぷりいふぁいあ)の略でこれひとつで増幅や足し算や引き算はおろか微分積分も出来る優れもの!

授業の内容は前期と比べてもめっさ単純で、

加算とか減算とかの計算式とか増幅の計算式とか、理想オペアンプの仕様だとか、そういう基礎的なことの羅列です。

オペアンプ自体は1年生の頃から使う機会も多かった子たちの一人なのでこれぐらいのことなら全然問題ありません。


つまり試験なんてあってないようなものなんですね。なんで今更試験範囲にしたんだろう。

疑問は膨らみますが、ソレを言ったらきりがありませんね。今日のアルゴリスムの試験も授業と全く関係ない問題だらけだったし・・・・

まぁこれがいわゆる高専の試験というやつです。誰か高専の学習指導要領作って下さい。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
高専の試験科目の話です。因みに今日の試験科目でもあります。


内容は名前の通り、コンピューターのハードウェア・・・と思わせておいて中身はなんとアセンブラです。

正確にはMIPSコードについて永遠と語る授業となっています。MIPSなので微妙にアセンブラの授業と咬み合わない・・・。


今回の範囲は手続きがどうとかその辺りでした。C言語的に言うところの関数ですね。再帰呼び出しとか出てきましたよ。

まだまだ基礎中の基礎で難しいところはありませんが、ロード命令がLAとlwで混同するなど

2つのアセンブラの授業を同時にやっているせいで致命的に難易度があがっている気がします。


あれ?どっちが3オペだっけ?となるのがオチですね。いくらPICでアセンブラやっているとはいえムリなものはムリです。


アセンブラのテストの方は謎の進数変換テストだったので論外ですが、

こっちの方のテストはちゃんとしたテストだったので思ったより被害が大きくなっている雰囲気がありますね。


因みにハードウェア自体は3年からの継続科目で、3年の時は正論理からロジックICまでをやりました。

その流れでアセンブラに突入する一連動作は全く理解できませんが、まぁこれも運命だと思って諦めましょう。

電子情報コースの皆さん。頑張ってください。


というわけげ今日はこの辺で。明日はアルゴリズムとネットワークです。どちらもまだ手付かずですヤバい。
因みに今日は今回の期末試験の唯一の一般科目の英語があってもうそれは散々でした。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
最近試験ネタが多いですが、今回も残念ながら試験ネタです。

今日のネタは今日の試験科目であるアセンブラについてです。

とにかく凄まじかったので紹介をしておこうかと。


まず、試験問題を見て驚くのは圧倒的プログラム。

問題用紙の殆どがプログラムで埋まってました。


もうその問題を見ただけでやる気大幅↓した人も多かったでしょう。問題見た瞬間「はぁ!?」って声があちらこちらから・・・

そしてそのプログラムを読んでストアされている値の変化をどんどん解答に書いていく方式だったので

解答用紙は解答用紙で謎の数列で埋まりました。

でも、プログラム自体はそんなに難しくありませんでした。でも・・・。

解答がなぜか16進数表記と指定されていて、進数変換のテストになっていました。

もう面倒だったので全部2進数にして計算して解答してたので、数値とか一切覚えてないですが、

とにかく長ったらしい進数変換を永遠と行うテストでした。アセンブラのテストは一体何処へ行ってしまったのでしょうか?


という訳で今日は謎の進数変換のテストについてでした。



また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior

Lα+も最終的にNBCで書いた部分があったように、C言語でプログラムを書いていると、

何故かいつの間にかアセンブラに侵略されています。


今日は試験一日目。応数と通信工学でした。結局通信工学は5分しか勉強してない・・・。

結果なんて知らない。とりあえず適当に記憶たぐって書いておきました。



明日はアセンブラとは計測です。


アセンブラというのはまぁ所謂アセンブラです。後期からの科目なので内容としてはまだ全然進んでいません。

授業だと加減算とビット演算とかシフト演算ぐらいまでが試験範囲です。

C言語だと

x=a+b;とか

x=a<<2;とか

x=a | 0b0001 とか

その程度のものです。

ハードウェアでやってるアセンブラだともうちょっと進んでいるのですが、アセンブラの授業だとここまでです。



もう一つの試験科目は計測。計測全般の基礎についての授業です。

計測誤差とか不確かさの計算とか、あれやこれやの測定方法とかについての授業です。


明日はこんな感じ。ガリガリ計算する系の試験ではないので教科書と睨めっこの時間が続きそうです。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
ちょっとそこらの高校では聞かないような科目名ですね。明日の試験科目です。

今日はこの通信工学という授業についてのお話。

通信工学の授業では、通信システムや通信方式についての授業が行われています。

おおまかなシステムの概要についてとかバス方式とかリングとか・・・

音声信号やTv信号、MPEGなどの規格について

冗長度やみんな大好きエントロピーなんかについてもやったりします。


勿論みんな大キライ糞フーリエがでてくる科目でもあるので、みんな割とキライです。

それで、最近は何をやっているかといいますと、

AM、FM、PM 要するに変調です。

AMラジオとか、FM放送とか、有名になった単語も多くあるアレです。

アレの計算式とか、実際の回路構成とか、沢山の変調の種類についてとかやってます。

fAM(t)=Ac[1+mS(t)]cosωctとかそういう感じの式とにらめっこしながらノート代わりのれぐたんにカキカキする授業です。


それにしても、学年が上がるにつれて、電子媒体での板書を許可する教科が増えてきますね。
2年の頃なんか現代社会論だけだったのに・・・。いやアレは板書用じゃないか。

とりあえず机には教科書とノートと筆記用具。そしてノートパソコン。

ここ数年のパソコン価格の下落のお陰で、これがSAN技高専生の通常の授業スタイルになってきてますね。



また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
最近SAN技高専なんて名称が使われ始めていることは内緒です。


今日の話はなんとなく、うちの高専の話。

産業技術なんて体を成してはいますが、うちは本当に産業技術なんてしているのでしょうか。

カリキュラムだけを見ると、わぁ。謎の理系科目が沢山だ-。となるのですが、実際の授業内容はというと・・・。


少なくとも、生徒を見るとどちらかというと理系と言うよりは文系の人間のほうが多いような気がします。
それとも電子情報だけの特徴か?

僕自身、どちらかと言えば文系ですし、周りもわりとそう。それに生産なんて行けば体育会系ばっかりですもの。

専門の勉強なんて全て暗記。文系理系関係ありませんから、こういうことって普通に起こりうるのでしょうけど・・・


よくよく考えてみると、うちは本当に産業技術してる高専なのでしょうか・・・?

今思い返せば、2年生の授業。

国語、英語、歴史、社会論、宗教、倫理、経営学・・・

前半はなんだかんだで文系の授業しかしてなかったように思えます。科目だけ理系科目で中身は文系・・・よくあることです。

実はこの学校、技術かじりの文系の人間を育てる学校なんじゃ・・・と思うことも結構あったり。



と、そんな話を放課後にしていた試験前の一時でした。

因みに宗教や倫理という「科目名の授業」はないですけど経営学はホントにあったりします。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
我らが産技収容所や産技幼稚園、産技動物園等の施設が多数入っている産技高専のHPが新しくなっていました
どうりで昨日、一昨日とメンテでつながらないと思ったら・・・。


見た第一印象は・・・。

「うわぁ詐欺だろ。これどこの学校だよ・・・」ですね(笑)

いや、書いている事自体は以前と変わらないんですが、

なんかこう、言葉では言い表せないとても素晴らしい学校であるかのように見せている感じがすごいです。

そして一番下の◯◯キャンパスのご案内の部分の校舎が立体に・・・。なんか安っぽさが否めない・・・。



それでもってレイアウトは以前よりカラフルで魅力的になっている・・・。

なんか一部のマニア向け学校だったのが無理やり対外的に展開してみた・・。といった感じでしょうか。

新規客層を呼び込みたいデパートの宣伝みたいになっています。


なんとなくですが、在校生は絶対に開きたくない感じになっていますね。


しかもなんだこのアクセスマップ。i OS6.0じゃあるまいし。

地図くらいはわかるように書きましょうよ・・・。と思ったら下に普通の地図のリンクが!ややこしい・・・


と、いう訳で批判するつもりは毛頭なかったのに批判記事になっているので今日はこの辺で。
というか、こんなことにお金使うぐらいなら技術系の学校らしく、技術系の部活に部費という概念を作ってあげましょうよ・・・。


また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior

追記

無響室ってどこにあるの?

ページ一番左下。みたことないぞー。
例のアレ。とは・・・。

ここの5番、名状しがたいマルチプレクサーのようなものについてです。

どんなものなのかという質問があったので今回はその話です。


まずサイズ。サイズはこれくらいです。

次に仕様

NXTの用のプレクサ―で、読み取りはアナログ、切り替えにI2Cを使用しています。

接続できるセンサー数は8個。接続可能なセンサーの種類はRCXのセンサーならALLOK

あとは水銀とか通電とか。NXTが直接アナログセンサーとして認識できるセンサーなら全て使えます。


コンデンサで平滑してやれば赤外線リモコンなどに使われるパルスセンサーも読み取れます。

アナログポートとI2Cを両方使用しているので他アナログセンサーとの併用はできません。I2Cセンサーなら・・・dえきたかな・・・?

toaru_sangi_no_rcj☆yahoo.co.jpまで注文していただければきっと当日までに数の用意はできますが、

作成時に非常にSAN値が削られることから、店頭では台数限定とさせて頂いております。

購入を希望されている方は先に注文の方お願い致します。

あまりに数が多い場合は僕が力尽きる恐れがありますのでご了承ください。

という訳で宣伝でした。

次はどっかでLineSimulatorでも宣伝します。それでは。



また、DropBoxを始めてみたいという方は此方のリンクから行っていただくと、500MBサービスされるらしいです。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
昨日宣告したように、今日はGAMEBOYmicroについての記事です。
GAMEBOYmicro。今の子供で知っている子はいるのかな?そういえばCMを見たことがない・・・。
GAMEBOYmicroというのは言わずもしれた、任天堂の迷作、バーチャルボーイに次ぐと言われている、

DS発売後に発売されたGAMEBOYシリーズの最終継機です。
 
恐らく発売がDS発売の一年前であったなら大ブームしたであろうものですね。
 
 
先週部内で大ブームを巻き起こし、そのままヤフオクでポチッとな。昨日九州から届いた逸品です。
 

とりあえずその特徴は・・・・小さい!
左手に収まるこのサイズ。魅力的です。
 
なんとi phone 4Sより二回りも小さい、ここ10年の大手のゲームハードの中では最小であろうと思われます。
 
そして画面が綺麗!
起動画面。なんとなく綺麗。でも写真じゃよくわかりませんね。
画面自体が小さいのでドットが細かく、綺麗です。
 
しかもゲーム中にバックライトの明るさが調整が出来る機能があります。この辺はDSより上ですね。

しかも画面下。青く光っている部分がありますね。実はここ、STARTボタンとSELECTボタンなのです。

なんとこれ、パワーランプも兼ねているんだとか。電池が少なくなると赤く点滅するそうです。


とにかく小さいのでどこにでも持ち運べて便利なのですが・・・やっぱり色々欠点もあります。


まずはGBAソフト以外が使えない。

DSが使えないんです。売れなかった一番の原因ですね。

次に電源ケーブル、通信ケーブルが全て独自規格。

GBAとは変換ケーブルを使っての通信ができるようですが、DSとはなにをどうやっても通信ができません。

そして高い。

だいたい密林や秋葉のじゃがいも等、至るところでプレミアがついており、

場合によっては発売当時の価格(¥12000)より高くなっている場合があります。というか新品は絶対高いです。



僕の場合はたまたま良品をヤフオクさんで落とせたので良かったですが、今後これが何処まで続くかはわかりません。

勿論生産も止まっていますからね。


という訳で買ってみたい高専生は早めのご決断をおすすめします。


そんな感じで今日はmicroの記事でした。ロボカップ関係ないとか言っちゃいけない。

そうだ。モータードライバちゃんと動くようになりました(笑)

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
今日たまたま、僕の時の産技の入学試験についての話になったので、そのことを書いてみようと思います。

ホントならフラグが立っているフィルター回路とか、ミクロとか、NDKとか書かないとなのですが、フラグはフラグですから。


まず、産技には推薦と一般の2つの入試があります。僕はとりあえず推薦で受けてみました。

その時の話なのですが、当時の産技の入試は中学の内申と600文字以内の小論文と面接の3つの審査がありました。

今回の記事はその中の、小論文の話です。


今でもよく覚えている、あの時の小論文のテーマは・・・

「現在使い捨てになっている製品の長期使用に関するアイデアについて」でした。


そこで僕は何を書いたかというと。

「ノートパソコンについて」です。

恐らくこの発想に至った人間はそうは多くないのではないでしょうか。

使い捨て商品だと割り箸とか、レジ袋とか、ペットボトルとか・・・。普通はそうなります。

でもなぜか一番最初に浮かんだのがPCだったんですね。

「え?PCなんか2年でだめになるじゃん!使い捨てじゃん!」理論を酷使することによって、

凄まじい文章をかいたような記憶があります。結果的に対策なんて書いたっけ・・・?


まぁそれで3.4倍が受かるんです。恐らく発想力以外は採点しないような試験だったのでしょうね。


それで一般試験の当日は未来館でゆうゆう遊んでいた。という話です。

だいたいこの話をクラスメイトにするとおいこらって言われます。

とりあえずキチガイやらかせば受かる。それが今の産技高専です。

一部の学生からは産技収容所なんてよばれてたりもするぐらいですからね。恐ろしい・・・。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
遂に本日発売されましたりんご5。6月だとか10月だとか、色々な目測を生みましたが、9月に発表、そのまま発売となりました。
りんご5。なんか全体的に4Sより大きいらしいです。
画面・・・というか全体的にサイズが4Sより大きいらしいです。

その分薄いので軽いんだとかなんだとか。

でも、サイズが違うということは、またカバーやら何やらのサイズも変わってきますよね。流石りんご、汚い。

某ニュースによると、発売されて早々ですが、初回限定特典として、初期不良がついてきているとの報告が多々あるようです。

まぁ、スマホと初期不良は切っても切れない関係ですから致し方ない面もあるのでしょうね。


あと、関西の方で大量に盗まれるという事件があったようですが、5がSIMが特別製な上に

使用するには特別な登録が必要(通常購入する際は勝手にしてくれる)らしく、盗んでも使うことはできないようなのです。

噂によるとSIMがないと起動すらしない設計になっているとか・・・(それはないと思いますけど


とにかくそういった面でも5は強固になっているということなのでしょう。


さて、いったいうちの高専では何人の人が当日列に並んで5を購入したのでしょうか。

休み開けに学校に行ってみたらみんな変わってたりして・・・。とにかく早く実物が見てみたい今日この頃でした。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
今日はネットで見つけたこんな動画の紹介。



つまるところの自動マリオです。

でも自動マリオって言うと、マリオを操作しなくても勝手にゴールに辿り着くっていうコースを作成する分野ですよね。

これはそっちではなく、マリオ自身を自己学習プログラムによって自動操縦させてゴールへと導くというものです。


ここでは遺伝的アルゴリズムという学習の方法(アルゴリズム)を採用してますね。


要するに複数のマリオを最初に用意しておいて、それぞれのマリオにどのタイミングでどのボタンを押すか

つまり、どのタイミングで走るか、飛ぶか、という項目をランダムでプログラムします。

それでそのマリオたちを実際に動かしてみて、どのマリオが一番良かったか(一定時間で進んだ距離)を調べ、

その上位マリオの中から親となるマリオをランダムで2つ選択、そこから子マリオを2つ作成。

それを子マリオが20体になるまで続け、20体になったら、またそこから親マリオを・・・という風に

マリオの大繁殖を行いながら大量虐殺をすることでどんどん良いマリオ交配、厳選していく方式です。


それにしてもこの自己学習の発想は面白いですね。今度やってみようかな・・・。


なんてことを真剣に考える今日この頃でした。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
なんかとんでもない物を見つけてしまいました。


これ、要するに何かといいますと、ゴキブリ操縦装置です。

つまり、生きたゴキブリを思い通りに送受するという凄まじい技術が開発されたということです。

開発したのは米国のノースカロライナ州立大学の研究チーム、発表が2012年9月5日ですからつい最近です。


どうしてこうなったかというと、倒壊した建物などの人が立ち入れない値域での探索を行なう方法を開発していたのだが、

小型ロボットなどで行なうよりもゴキブリを利用したほうが安価で信頼性が高いからだということだそうです。

開発者は「ゴキブリは、危険な状況におけるエキスパートだ。」とも語っています。全くそのとおりですね。


ゴキブリは尾角と触覚で前後左右に物体が接近していることを認識して回避行動をとる性質があります。

ここではそれを利用して尾角と触覚に電気信号を送ることでゴキブリを操縦するのだそうです。


確かにゴキブリならこういう分野には向いていそうですね。災害現場での生存者捜索等に応用される予定だそうです。

でも、災害現場で身動き取れない状況でゴキブリにやってこられたらトラウマものですよね・・・。

今日はそんな謎技術の紹介でした。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
11,12,13,14と4日間の交流会が終了しました。

朝から夜まで交流の後に夜から朝まで準備を行なう謎の自転車操業からはとりあえず開放です。


どんなことをしていたかといいますと・・・一日目に関してはもういいですよね。

2日目は、JALの整備工場とJAXAの見学会でした。

JALの方は成田空港でした。シンガポール側にとっては今週2回目の成田ですね。


殆どが例の新型旅客機の話で終わりました。

見学会・・・というよりかは、整備工場での雑談会みたいな感じになっていましたね。

勿論工場なので写真の紹介はできませんので悪しからず。


JAXAの方は、つくばの本家本元でした。

基本的に衛生やら何やらの模型が置いてある感じでしたが、帰ってきた本物の衛生も1つ2つ展示されていました。

とにかく英語と日本語が無造作に飛び交う奇妙な見学会となりました。


こんな感じで見学会自体は割と楽しく終了したのですが、混沌はここから始まります。

つくばからの帰りのバス。中は2ヶ国語が飛び交います。そんな中、電子情報二人。


手芸部始めました。

片や折り紙、片や紐細工、じゃぱにーずかるちゃーを大量放出しました。

理屈はわかりませんが、大ウケしたようです。

その代わりにその2人は疲れ果てました。


そして3日目。例のどうぶつしょうぎです。結果から言えば、ムリでした。

なんとか、2人対戦するようなプロgラムっぽいものを作成する段階まではいけましたが、AI?なにそれ美味しいの?

まぁ最低限ものになったので、良かったといえばよかったです。


そして今日、4日目。どうぶつしょうぎの発表会ともちつき大会を行ったのに、両国に飛びました。

江戸東京博物館、入ったことはありますが、展示を見に行ったのは初めてですね。

そして例のごとく、2ヶ国語飛び交う奇妙な団体が発生します。ガイドいじめも甚だしいツアーです。

英語で説明してくれたのに、実は話を聞いていたのは日本人だけ・・・なんてことが何度もありました(笑)


お互いに凄まじいぐらい謎のノリとテンションで会話を行いつつ、見学を済ませ、解散の時間に。

最後にはお土産の交換会と相成りました。シンガポール土産を3つほど頂きましたね。


マーライオン関連のものは一昨年行った時に買ってしまっていたのですが、

見事に今回もらったものにはマーライオンはありませんでした。被らなくてよかった・・・。


そしてその後解散して何故かアキバに行って、帰って来ました。

彼ら飯田橋に泊まっているので秋葉は帰り道なんですね。僕も帰り道ですし・・・。


とりあえずその秋葉もなかなかに酷かったのですがまぁその話はまた他の機会にということで・・・。


そんな感じで小交流事業は終了しました。そして今度は・・・

鉄人合宿だぁ。しかも明日から。さて、僕は生き残れるのでしょか・・・?


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
例の、シンガポールの学生との交流がありました。っていうか絶賛継続中です。

朝から夜までやって夜から朝まで次の日の準備。それがなんと鉄人合宿の前日まで続きます。

1週間起き続けろと?さすが高専やらせることが違います。


とりあえず朝、大弾幕を持ってシンガポール人を待ちぶせ、先制攻撃を仕掛け、

そのまま開会式が行われる合同講義室に逝く。そこまでの流れは最高だったのですが・・・。


なんだこれ。
驚愕の配布物。
おいこらそこの産技w何をやっているww

どこぞの産技の名前が入ったクリアファイルにどこぞのネギの人の絵が。

これが人数分合同講義室に・・・シュールすぎてもう何も言えませんでした。


しかもスクリーンにはどこぞのネギの人のライブ映像写ってるし・・・。アレはフラグだったのか・・・。

国際交流開幕しょっぱなっから校長の挨拶より先にさぶかるちゃーを暴露する教育機関。世界中探してもこんな学校どこにもないでしょう



そしてそのライブ映像が終了した後に校長挨拶という順番。学校長<ネギの人 ということなのでしょうか(苦笑)

本当に予想の斜め上を行っている。両国の生徒がそう感じざるを得ない開会式でした。


そして次は・・・何?予定を知らされていないんですけど。

今日も安定の産技です。

しばらくアイスブレイクした後に、なぜか出てきたミニ四駆。

4人で1台作るという大変難しい共同作業を行なうことになりました。

あんなもん、どう分担しろと。答えは簡単俺ニート


そして7チームぐらいでミニ四駆を作成し、競技して、優勝して、お昼ごはんになりました。
ミニ四駆。うちの班のは・・・奥から2番目・・・かな?

昼ご飯までの一連の流れは本当に無駄がありませんでした。スムーズっていいね。

そしてその後、一度シンガポール人と別れて、うぇるかむぱーてーの準備をして、

今度は一緒に俳句作りを行なう・・・はずが、大半の高専生の予想通り、平泉のお国自慢で終了しました。

この件は内部ネタなので詳しくは入学してください。高専生ならこの文章だけで担当教員と授業内容が90%理解できます。


そして、例のプレゼン大会です。


僕のポリシーとしては、

知ってる言語が通じない相手はたとえシンガポール人であろうと、うちの部員であろうと、ノリとテンションで押し切る。

という事になっているのでテンションで押し切りました。コミニュケーションなんて押しきれば勝ちです。


相手が内容が理解できたかはさておき、無事、フルアドリブでプレゼンも終了しました。


そして次はうぇるこめぱーてー。

次に登場するはこんなものです。
流しそうめん。準備時に撮影したので誰もいません。

流しそうめん。ぢぁぱにぃずかるちぁーなのかは僕も存じ上げませんが、やりました。

まぁ結局最終的にたかるのは日本人だけになるのですけど・・・。
シンガポールの人たちは途中で飽きたようで、お菓子パーテーの方に流れて行きました。

それでそんなことを行い続け、初日は終了。お疲れ様でしたとなった訳です。

僕らはその後、後片付けの後に研究室の活動で残ることになるわけなのですが・・・。


因みに明日は郊外活動、JAXAとJALの見学だそうです。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/25 ONE RoboCuper]
[11/19 big]
[11/11 お馬さん]
[08/08 うまごやぐらし!]
[04/20 匿名(にさせてw]
かうんた
らじぷろ目次
らじぷろ検索機
プロフィール
HN:
Luz
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1994/02/15
職業:
大学生
趣味:
ラボ畜
自己紹介:
初めまして。Luzと申します。
某大学の情報学科に入りました。のんびりと生活を送るのが今年の夢です。
めーる
radiumproduction☆yahoo.co.jp
※☆を@に変更して下さい。
バーコード

PR

忍者ブログ 2005-2013,Powered by Radium-Luz-Lα+-Rescatar in RadiumProduction [PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...