忍者ブログ
RoboCup Junior Japan Rescue Kanto OB

             2005~2013
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [745
今日はこのブログの背景の画像の話でもしましょうか。

このブログの背景の画像。まぁロボットの写真なのですが。


このロボット、よく「このロボット絶対レスキューする気ないな・・・」と言われます。

2008~2010に使用した僕のロボットです。


左側に搭載されているLEDつきガトリングの力で今迄数々の被災者を救出してきました。
Radium~レスキューロボットだけどガトリング!~
因みにこのガトリングはマイクロモーター搭載で被災者発見時に回転して光ります。


このロボットはLEGO、RCXをコアにしています。RCXと言うのは以前お話ししたNXTの前世機で、

外部の入出力を3ずつ搭載し、H8マイコンをベースにしたキットです。


このロボットの特徴と言いますと、そのRCXをメインにし、サブでひとつ基板が搭載されています。

この写真ではどこにあるかが確認できませんが、実はロボットの右側、ガトリングの反対側にあります。
RCX補助基盤~見えませんorz~

このサブ基板にはPIC16F873Aが搭載されており、 

これだけで左右にある赤外線測距センサーと3ビット方位センサー、

2個の水銀センサーと緑被災者検出センサーの

合計6個のセンサーを制御し、そのデータをRCXのBポート信号に合わせてRCXのポート2に送信することで

事実上RCXの1つのポートで6つのセンサーの制御ができるようになっています。


また、此処で使用しているものは全てデジタルの信号なので、別途でアナログの信号の入力も行えます。


これはタッチセンサーとライトセンサーの重ねづけの原理と同じですね。

ここではアナログセンサーとしてライトセンサーを利用しているので


実質ポート2で読み込んでいるセンサーは7つとなります。


しかし、この仕組みは完成こそしているものの、本大会では一回も使用されることはありませんでした(笑)


何故かというと、この基板ができた年、2010年度の大会では

電源トラブルによって関東ブロックで敗退してしまっています。

それでそのままNXTに切り替えたのでこれからも使われることは無い・・・と。


まぁそんなロボットなので今も09ルール仕様のまま家に放置です。

年末に久しぶりに動かしたらちゃんとライントレースをして凄く驚いたって状態ですね。


今度これで2011ルール対応作ってみるかな(笑)


(^・ω・)ノRadiumProduction in RoboCupJunior
Comments
※コメントは内容確認後に手動で公開するようにしております。反映までしばらくお待ちください。
Your Name
Title
color
URL
Comment
 

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[09/25 ONE RoboCuper]
[11/19 big]
[11/11 お馬さん]
[08/08 うまごやぐらし!]
[04/20 匿名(にさせてw]
かうんた
らじぷろ目次
らじぷろ検索機
プロフィール
HN:
Luz
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1994/02/15
職業:
大学生
趣味:
ラボ畜
自己紹介:
初めまして。Luzと申します。
某大学の情報学科に入りました。のんびりと生活を送るのが今年の夢です。
めーる
radiumproduction☆yahoo.co.jp
※☆を@に変更して下さい。
バーコード

PR

忍者ブログ 2007-2017,Powered by Radium-Luz-Lα+-Rescatar in RadiumProduction [PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...