忍者ブログ
RoboCup Junior Japan Rescue Kanto OB

             2005~2013
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
過去の流れをぶった切って流行に乗っかることもたまには大事だと思います。


ということで、今回の記事は久しぶりのリアルタイム投稿。

内容は今話題の分散型SNS、Mastodonです!!!

名前の由来はそのまま、emojiの祖先と言われているマストドンですね。
 


これは何かというと、広義ではSNSに含まれ、狭義だと含まれない?そんな感じのSNSです。

簡潔に言うとTwitterみたいなwebサービスということになります。

ということで基本的な使い方は省いて、Twitterと何が違うの?という点だけ簡潔に説明します。





まず、Mastodonにはインスタンスという概念が存在します。


というのも、Mastodonはオープンソースになっており、個人のサーバー内にMastodonを開設することができるのです。

簡単に言えばこれ単体はTwitterのエミュレーターみたいな立ち位置になっている感じですね。

この一つ一つのMastodonのサーバーをインスタンスと呼ぶそうです。


現在600前後のインスタンスが乱立しており、アカウントはインスタンス内で固有のものとなっています。


つまり、別のインスタンスであれば同じメールアドレスで同じ名前のアカウントが開設できます。

じゃあ、別のインスタンスのアカウントとは会話ができないのか、

という話なのですがそこら辺はよくわかりません。

現状僕の環境からは確認できていないのですが、

別のインスタンスのアカウントが検索できたり、フォローをすることが出来たという報告があり、要調査です。

4/15追記:
IDで検索をかけると、"@ID@インスタンス名"と言う形で別インスタンスでもちゃんと表示されるようです。
検索結果への反映にはアカウント作成から半日程度時間がかかるっぽい?

従って別インスタンスの人も検索してフォローが可能ということになりますね(´・ω・`)





とりあえず現状は人の多いインスタンスや知り合いのいるインスタンスを選んだ方が良さそうです。
むしろ負荷分散のために多いところは避けるべき?でもセキュリティの面もありますし・・・




ちなみにですが、今GoogleでMastodonで検索をかけると

一番上にmastodon.socialというインスタンスが出てきます。

これはMastodonの公式ページではなく、

このインスタンスのページなので他のインスタンスに登録したい際は注意しましょう。
といってもmastodon.socialはmastodon作者のインスタンスなので、ある意味公式ではありますが。。。

公式のインスタンスの一覧はこちらのページです。こちらから選ぶようにするといいでしょう。



現在ユーザ数が多いのが

mastodon.social(Mastodon作者のインスタンス)現在新規アカウント作成不可

mastodon.cloud(米国のクラウドファンディングプラットフォーム、Patreonが運営)

pawoo.net(Pixivが運営)

です。

先日まで日本人はmstdn.jpに集まっていたのですが、4/13現在、閉鎖された模様。503が帰ってくる。。。
4/15追記:復活してた。
ような気がしただけだった。

現在429吐いてるので、明らかに過剰登録が原因ですね(´・ω・`)

若干不安定ですが動作はしています。

ただ403,429,502,503あたりを吐きまくってるので、現状新規の方は控えたほうが良いかと思います。がんばれ






使用感についてはこの通り、TweetDeckに非常に近いです。
 
インスタンスにもよりますが、TLのストリームは割りと軽快ですが、

画像等については若干弱い部分が有るようで、比較的軽快なインスタンスでも画像表示はかなり遅いです。


”ローカルタイムライン”には自分の所属しているインスタンスのタイムラインが、

”連合タイムライン”には自分の所属しているインスタンスと連合を組んでるインスタンスのタイムラインも

それぞれ流れるようです。(連合の設定はインスタンス主が設定?)

また、”ホーム”がフォローしている人と自分の投稿、つまりTwitterでいうタイムラインになります。

MastodonでいうタイムラインとはTwitterでいうPublic Streamに当たるようです。ココ注意。
因みにツイートはトゥート、リツイート(RT)はブースト(BT)、お気に入りは星(旧ツイッターと同様)になっています。



自分の投稿についても、

・public(全体に公開)
・unlisted(誰でも見れるがタイムラインには表示しない)
・private(フォロワーのみ)

という風にアカウント単位で3段階で閲覧制限をかけることができるみたいです。

公開範囲は投稿単位ではなくアカウント単位で設定されるので要注意です。

また投稿欄において、投稿ごとにも制限をかけることができ、

このように4段階。

アカウント設定から設定できる3段階に追加してRP先のみが見ることができるdirectが存在します。

デフォルトはどちらもPublic、投稿欄の方は投稿するたびに範囲がPublicに戻ってしまうので注意が必要です。




登録方法については基本的にどこのインスタンスも同様で、

IE以外のブラウザでユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力して参加するを選択。
現在IEだとインスタンス問わず正常起動しない報告が多数上がっております(´・ω・`)動いてるって報告もあるけど

入力したメールアドレスにメールが届くのを待ちます。

ちょっと時間がかかる場合は下の方にもう一度送るリンクがありますのでそこをクリック。
場合によってはすごく時間がかかることも・・・


メールが来たらメール本文の"Confirm my account"をクリックするとまたログイン画面に飛ばされるのでログイン。
     
Twitterと違ってメール認証を行わないとログインすることが出来ません。


この時注意することが2点あって、

・絶対にパスワードはメール等、他で使っているものを使ってはいけない。

・Twitterと異なり、ログイン時はユーザー名ではログインできない(メールアドレスのみ)。


特に上がすごく重要で、

Mastodonは個人が運営しているインスタンスも多くある上にオープンソースで比較的容易に改変可能なので

悪意のあるインスタンス主がパスワードを抜く可能性を否定することが出来ません。

実際にソースを見ていないのでその危険があるのかは不明ですが、ある前提で行動すべきだと考思います。



登録、使用に関しては、今はメール以外は日本語対応しているのでSNS使用経験があれば基本的には問題ないはずです。
メールに関してはTwitterですら日本語対応していないので、期待はしないほうが良いでしょう。



※gifは複数枚の投稿が可能なようですね。動画は1つのみ?

他Twitterとの細かい違いは投票などのTwitterの最近できた機能がない、TLは時系列のみ

投稿は500文字まで可能、同一文章の連投が可能、広告なし、またDMもないようです。
4/16追記:TwitterのようなDMではないですが、トゥートを特定の一人のみと共有する機能がありました。


また、サードパーティ向けAPIも公開していることから、

この先、第三者によるクライアントアプリが登場することも十分考えられますね。

もういろいろでてるはやい。
https://chrome.google.com/webstore/detail/tooter/okmlpjijminjkikninbkcnfmhkofgnnk
http://qiita.com/yukimochi/items/f80a50a4486d0cb770dc



あとは特徴としてはフォロー、ブロック、ミュートのデータインポート、エクスポートと言う設定があります。
ファイル形式はcsv

つまりどういうことかというと、恐らくですが、Mastodonの運用方法としては

基本的には趣味や仕事等のクラスタごとにインスタンスを作成して界隈ごとに住み分けを行う。

そしてユーザーは自分の興味のあるインスタンスに複数アカウントを同一IDで登録する。

という運用を想定しているのではないでしょうか。


新しく興味のあるインスタンスを見つけたらそこで新しいアカウントを作って、

最初に作ったアカウントからフォロー関係のデータをエクスポートして、

新しいアカウントにインポートしてする、という使い方を想定しているのだと思います。


そこでインポートした際にフォローできたアカウントがあれば、

その人とは複数の趣味を共有できてるよねってことがわかる、みたいな狙いがあるのかもしれません。

別インスタンスのアカウントへのフォローができる事が判明したので普通に引き継ぐだけっぽいですね。



ただ、現在IDの変更及びアカウントを削除すると言う項目がなく、

これらの作業ができないようなのでその辺りは慎重に行う必要がありそうです。




また、もう一つ重大な問題としては、

個人管理のインスタンスはいつ突然お亡くなりになるかわからないということが挙げられます。
実際に4/12に某日本人いっぱいのインスタンスにおいて突然インスタンス内データが吹っ飛んだそうです。


素人管理のインスタンスも多数乱立していることから、

そのあたりの危険とは常に隣り合わせと言っても過言ではないでしょう。


Twitterのように過去の投稿をずっと保持しておけるという意識はあまり持つべきではないのかもしれません。
投稿数稼ぎとか無駄だし鯖に負荷かけるからやめような!


実際その問題に対するひとつの答えがデータのエクスポートであり、

バックアップは個人で取っておけということなのかもしれません。尚投稿は保存できない模様

単一アカウントに固着しないということなのでしょうかね。この辺の指針の真意はわかりません。




因みにインスタンス主になるにはちょっと厄介で、色々DLする必要があるのは勿論、

httpsで通信するのでSSLの証明書が必要になります。

タダで手に入るモノではないのでそれなりに知識と意欲の有る方のみ参戦すべきだと思います。
有力インスタンスにでもなったら管理も大変ですし。。。




とまぁ、こんな感じです。詳細色々分かり次第また記事の方も追加変更させていただこうと考えています。


みなさんもMastodonに登録してトゥートしてみませんか?


現場からは以上です。

(^・ω・)ノ curonet at RadiumProduction
春です。 

モウハルデス。


今日の記事はあれです。それです。


これです。 

やるやる詐欺をして結局やっていないようにみせかけて、実は既にリリース中のアプリケーションについてです。 

事前の予告(と言っても1年近く前の話ですが・・・)通り、Twitterツールアプリケーションとなっています。 
Twitterをやっていない方は今すぐこちらから新規アカウント登録をして、ロボカッパーの方は@OkadaTechnologyをフォローしましょう。 
アプリケーションのURLはこちら。現在殆ど機能していませんが、一応github上でも公開してます。 
で、これは何をするツールかという話になるのですが、

これは現状、いわゆるTwitterクライアントと言われるものではありません。 
時間があればそうなる可能性も否めないですが。。。 


つまりどういうことかといいますと、このツールではツイートを見ることも、することも、できません。




じゃあ何するの?ということですが、答えはアプリケーションの名前にあります。

アプリケーションBirthは"Birth is an Immediate Retweet Tool with a Heart."の頭文字です。 


名前の通り、この子はリツイートツールです。

こちらが指定したフレーズを含むツイートを自動でリツイートするツールアプリケーションです。 
ついでに設定次第でハートも投げられます。 


使用方法については、まず初回起動でピンの認証を行います。これについては他のピン認証と大差ありません。

初回起動時に開く認証画面の下にピンの入力欄があるので、

表示されたピンをここに入力して右のボタンを押します。これでアカウントの認証が完了します。




基本的な画面と機能の説明は以下のようになります。 
①リツイートするアカウントの選択(複数可)
②アカウントの追加
③単語群の有効/無効の切り替え
④リツイートしたい単語群に含む単語の記入欄
⑤単語の有効/無効の切り替え
⑥単語郡内の単語の削除
⑦単語群に単語を追加
⑧リツイートの際にハートも一緒に送信する
⑨単語群の追加
⑩新規作成
⑪開く
⑫保存
⑬リツイート開始
⑭各種設定

赤枠で囲まれているような、横一列が単語群です。


ボタン⑬でリツイートを実行すると、単語群内の全ての単語が含まれるツイートがリツイートされます。

単語群が複数有効に設定されている場合はどれかの単語群が上記条件を満たしていればリツイートします。


ツイートの抽出先はデフォルトでは最初に登録したアカウントのタイムラインです。

このあたりは設定から変更できます。

設定については見たらわかるような気がするので省略です。

日本語とか英語とかフランス語とか対応しています。あと色とか変わります。5パターンです。

というのが本日の記事です。アプリケーションのリリースはなんと2016年の12月4日!もう3カ月以上経ってる!!!

アプリケーションの完成に至っては、なんと2016年の9月です!!!もう半年放置されてる!!!!

フラットデザイン(爆死)のままリリースされているので、UIは時間があったらきっと変えます(どうせ数年後)


以上、忘れ去られたアプリケーションリリースの伏線回収記事でした。

因みにこの記事を書いてるのは、2017年の1月です。
書いた記事当日に更新してるブログじゃないからね!自動投稿完了する前になんかの理由でアプリ公開終了になってないことを祈るしかないよ!


---ついしん---
毎年近くなると聞かれるので、今年は聞かれる前に答えておきます。 
今年のRCJジャパンも行きません。 
ちなみに3/25は有明、3/26は産技高専にいますいない。

 
って言うか無理でしょ。あれは。宿少ないんだからまじめにやってくれる方が優先して行くべきです。 

(^・ω・)ノ curonet at RadiumProduction

3/23
iとrがSwapしている脆弱性が報告されました。報告ありがとうございました(´・ω・`)
冬は小規模とのことですどうせきっと小鬼暴の誤植です。諦めましょう(´・ω・`)

2つ前の記事で膝にWindows8サポート終了を受けてしまい、

アップグレードタイムアタックを余儀なくされた私ですが、その過程があまりにも意味不明だったので紹介します。

IE氏ね(直球)

我々ネットユーザーを暗いどん底へと叩き落としたinternetExplorer。数々の思い入れがあることでしょう。
Webデザイナーの方はもっと暗い何かを抱えることになったかと思われますが。。。

本日、IEの最新版以外のサポートが一斉に終了します。
windows8(8.1ではない)の実質サポート終了まで4時間を切りました!
設計図が足りない・・・ようやく601終わった・・・(´・ω・`)

本日はここ数年流行っているWeb広告の話です。
97週目、酒匂出ました、コンプです。

さて、12月になってインフルエンザのオンシーズンに入りましたね。
【1/10追記:復号化スクリプトが公開されてた】 
嵐の2隻目よりも酒匂が欲しい人生だった(´・ω・`)

今日はPCの動作快適化に向けての話です。
Microsoftが本気になった?

そう思わせる新しいwindows10への自動アップデートが出没しました。
今回はOSのサービス終了の話

日本時間の本日午後4時に、Windows Sever 2003のサービスが終了するそうです。
タイトルの通りです。


というのは、日本時間の今日、っていうかついさっき、Visual Studioの公式Twitterからさらっとこのような発言が。
Twitterの方では既に昨日のネタとして紹介してしまいましたが、

月曜日から水曜日までの3日間。僕は東京中を駆け回っていました。
※本記事はジャパンオープの内容とは一切関係がありません。


今日はアクセス「数」の話です。

ジャパンオープン以降、アクセス数が面白いことになっている。というのはちらちら話していましたが、

どう具体的に面白くなっているのかをここで簡単に説明したいと思います。
ちょっと前の話になるのですが、研究室で席場所の振り分けが行われ、自分の席が決まりました。

その後、部屋の掃除やらPCのセットアップをする大掃除イベがあったらしいのですが・・・。
久しぶりにアクセス解析の話です。

3月のアクセス解析に面白いものがあったので投稿をしてみました。
産技に行くたびに○○さんのところのブログが・・・という話をよく聞くのですが、

私は基本的に引きこもりのコミュ障なので他人のブログはあまり見てないです。

RRC公式ブログはたまに見てますけど、それ以外のロボカップ関係ブログ記事は言われないと見ないので

正直言われてもネタがさっぱりわかりません(´・ω・`)
A+なんてなかったんや・・・

Raspberry Pi 2 Model Bというものが発表されました。なーにがB+が最終進化系じゃ

まだA+発売から2ヶ月ちょっとしか経っていないのに、です。

性能はB+の6倍だそうです。なんだそりゃ(´・ω・`)


コアはBCM2836となり、B+のBCM2835よりグレードアップしています。

型番が1変わっただけですが、CPUが700MHzのシングルから900MHzクアッドコアになってます。頭おかしい進化ですね

B+との比較は以下の通りとなっています。
機種 pi 2 Model B pi Model B+
CPU BCM2826(900MHz Quad)
(オーバークロック最大1.1G)
BCM2825(700MHz )
オーバークロック最大1.0G)
RAM 1Gbyte 512Mbyte
ストレージ MicroSD MicroSD
ビデオ/音声 HDMI/3.5m AVジャック HDMI/3.5m AVジャック
ネットワーク 10/100M Ethernet 10/100M Ethernet
USB USB 2.0 ×4 USB 2.0 ×4
GPIO 40pin 40pin
その他入出力 カメラ、ディスプレイ カメラ、ディスプレイ
電源 DC 5V(MicroUSB or GPIO) DC 5V(MicroUSB or GPIO)

このようにCPUとRAM以外は全く同じ性能であることがわかります。
CPUに新しいのがでたから換装しただけ?


ピンアサインもB+のものと互換性があり、サイズもB+と全く同じ85*56mmですのでそのまま換装が可能です。


B+発売当初に公式が今の半導体の技術力ではこれ以上のものは無理だ、と明言していましたので

周辺機器に関する性能の向上は特に行われていないようです。



はい、それではここで、今日の一番頭おかしいで賞の大賞を発表します。

このRaspberry Pi 2 B+ですが・・・。 

Windows10でも動くらしいです。

さて、MicroSDにWindowsぶち込むのがライセンス的にどうだったかはよく覚えていませんが

公式が対応していると明言していたので動くんでしょう。タッチ液晶待ったなしですね。
なんか対応OSを無償提供とか公式が抜かしていますが・・・

2/2追記:

Microsoftがサポートを公式表明していました。Raspberry pi2に限りOSを無償提供するらしいです。


販売価格は$35と、B+と同じ価格です。完全上位互換となります。

今B+を買おうとしている方はちょっと待つべきなのではないでしょうか。

もう販売しているようなので直ぐに日本の代理店でも取り扱いが始まるはずです。


因みに公式によると今年の終わりにpi2 Model Aを発売を予定しているそうなので、

Aがほしい方はもうちょっとお待ちを・・・という感じになりますかね。多分A+の上位互換になりますね



という訳で今日はこのへんで。

当ブログはこのように今日入ったばっかりの最新情報も流すことの出来る有能なブログです()
↑これもうn回言ってる

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
今PC界隈を騒がせているwindows10について、予想の斜め上を行く続報がきましたね。
当ブログではwindows10については一切触れていませんでしたが・・・

なんと、windows10はリリース開始から1年間は

windows7及び8.1からのアップデートが無料で行えるようになったそうです。

つまり、今使っているwindowsPCはタダで最新版にすることができるということですね。


これはAndroidやiOSのアップデートが無料で行われていることを踏まえた上での戦略なのでしょうかね。


windowsは広く企業でも使われていますが、アップデートに新しくOSを買わないといけないということで、

今でも古いOSを使っている企業はたくさんあります。XPでもアウトなのに、98とか未だに使ってるところも・・・

昔はそれでもせいぜい誰かが遊びで作ったようなウイルスに感染してOSが吹っ飛ぶ程度で済みましたが、

最近はPCの動作には一切影響を与えず、ただ重要情報を抜き取るだけというウイルスが主流となっており

古いOSを使っているだけでセキュリティ管理なんてものはあってないようなもの。盗み放題なわけです。


OSが無料アップデートできるということは、この先金銭的な問題で古いOSを使う理由がなくなりますから

セキュリティ上は非常に意味のある改革ではないかと思います。
そもそも今のPCに新しいOSだけ買って入れるって場面あまりありませんし、
MS社的にも比較的損益の少ない話だったのではないでしょうか。なぜやらなかった


ただちょっと気になるのは8→8.1は自動アップデートな上、マイナーアップデートだったため、

PCのデータを残したまま、アップデートをすることができました。

7→10は多分出来ないと思いますが、UI違うし

8.1→10はもしかしたらデータを残したままアップデートできるんじゃないかなぁ。なんて思っています。

あと、8→10はできないのかなぁ。自動でアップデートされるから8のPCはないって前提ってだけだとは思いますが。

今日はそんなOSの話。ようやくMicrosoftが時代に追いついたねって言っておけばいいのかな。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
今日は1月13日。Windows7のメインサポートの終了の日ですね。

まぁこれが終了しても一般ユーザー特に大きな問題にはならないという話は以前の記事でやりました。

Windows7は5年間のお勤めを果たし、明日から第2の人生です。


でも、これだけじゃないサポート終了の話があるんです。

というかこれ、かなりヤバイ話だと思うのですが・・・


現地時間12日(日本時間で今日)わかったことなのですが、

GoogleがAndroid4.3以下のバージョンの脆弱性修正パッチの更新を停止していたらしいのです。

これを発表したのはgoogleじゃなくて脆弱性の検証ツールの開発者のブログ(こちら)ですが、

どうやら脆弱性の報告をGoogleに行った際に、

「4.4より古いバージョンについては(修正)パッチ開発をしない」と明言されたらしいのです。

PCのOSのサポートについては割りと一般の方も気にかけているようですが、

Androidは気にかけてる人あまりいませんよね。ちょっとGoogleで調べてみたのですが、

Androidのサポート期限に対する記述は見つけられなかったので、公表してないのではないかと思われます。


ブログによると、Android4.4までのAndroidOSの使用統計を見ると、

なんと60%が4.3以前という結果がでています。数で言うと9億3000万!


つまり、現在皆さんが使っているAndroidの約6割は

WindowsXPと同じようなセキュリティ状態にある可能性があるということになります。
ちなみにうちにある端末は全滅です!!!


これがどれくらいまずい状況なのか、英語力の関係上まだよく解けてないんですけど、

非常にアレな案件のように思うのですね。
このブログでは2/3ものAndroidにバグ持ちの疑いがあるなんて・・・と危惧しています。
ビジネスにも大きな影響を与えかねませんからね。

今日はそんなサポート終了に関する2件の新着情報でした。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet




時代の流れに肖って行きたいと思います。本日の記事はwindows7についてです。


というもの、実は・・・。

windows7は今月の13日にサポートが終了します。

といっても去年XPで発生した全サポート終了ではありません。

メインストリームサポート、というものが2015年1月13日に終了します。


WindowsOSのサポート期間というのは2段階に別れていて、

メインストリームサポート期間(OS発売から最短5年)

延長サポート期間(メインストリームサポート終了から最短5年)

となっています。

今回、windows7の販売から5年になるのを期にメインストリームサポートが終了することになります。


で、メインストリームサポートが終了すると何が起こるのか。という話ですが、

XPの時に言われていた、セキュリティ上の問題。これはないと言われています。

つまりセキュリティのアップデートは延長サポート中でも継続されるというわけです。


じゃあ何が消えるのかというと、新機能の更新や仕様変更等の機能的なアップデートがなくなります。

これで一番有名なのはwinodows8における8.1へのアップデートでしょうか。
数々の工学系学生を恐怖のどん底に引きずり込んだことでも有名ですね。

このような機能追加サポートが終了します。


また、Microsoftが行っているOSの無償サポートも終了します。

とはいえ、ユーザーは一般的には販売店あるいはPCメーカーの方のサポートを受ける場合が殆どですので

ユーザー視点だと多分そんな変わらないのかな。

これによって今までのMS社のwindoes7無償サポートは全て有償サポートへ移行します。


という訳で、ユーザーからしたら使っている上で特に何か大きな問題があるものではありませんね。

ただ、まぁサポート終了を寿命とするなら、まぁこれは所謂還暦です。

新しいパソコンを買うなら、もうサポート終了を考えてOSのを選ぶ時期になっているということです。

ちなみにwindows7の全サポート終了予定は2020年の1月14日です。

直近で一番近いサポート終了はWindowsVistaの全サポート終了で、2017年4月11日となっています。

という訳で今日はそんな時代を感じる記事でした。Windows7からもう5年か・・・(´・ω・`)


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
盛大なブーメランなんて投げてないよ?

書くネタだけはたくさんたくさん溜まってるのですが、書く時間がなくて書いてないです。

大学が週休2日制ではないので色々大変なのです。


今日はそんな価値の無いブログのアクセス解析のお話です。

何故か9月はタイ、ベトナム、ポーランドからのアクセスが多くて首を傾げる事態となっていますが、

まずは普通にワードランキングから。


順位 ワード
1 PIC 202
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 131
3 コンデンサ 81
4 使い方 71
5 NXT,nxt 58


あまりにも代わり映えがないのでそろそろこのコーナーやめようかな(´・ω・`)

数字が変わるだけで順位変動が起こらない。まぁ更新してないからなんでしょうけど。



次は今回はOSとブラウザの解析結果です。

訪問者の端末のOSやらアクセスに使用したブラウザなんかを見ることが出来るのですが・・・。


WindowsXP・・・3.8%

IE6.0未満・・・・0.5%

Safari 1.X  ・・・0.7%


やーめーてー。

みんなサポート終了してるんですよ!おじいちゃん酷使反対!


まぁブラウザに関してはウィルスにかかったりクレジットカードの番号抜かれたり

所謂個人的(会社も?)被害だけで済む場合が殆どですが、


OSに関してはサポート終了したのをネットに繋げてるとバックドア等の不正アクセスで

知らないうちに所謂サイバー攻撃の拠点にされている可能性が高いのでマジで勘弁して下さい。
特に某農○大とか、VMで7動かせばいいとかそう言う問題じゃないから。


某片○事件のようなものに巻き込まれて警察のご厄介になりたくなかったら早めにOSやらの更新をしましょう。

今日はそういうお話でした。


まさか紛いなりにもロボット工学、情報工学関連やってるブログのアクセスの4%近くが

ネットにXP繋いでも大丈夫だと思ってたとは・・・。おじさんびっくりだよ!!!

今日はそういう話です。WindowsXPを使うときは回線を遮断してネット回線から離れて使ってね!


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
何が1割くらいかという話はこの後で。

という訳で今日は8月分のアクセス解析です。

順位 ワード
1 PIC 206
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 132
3 コンデンサ 78
4 使い方 72
5 NXT,nxt 66
・・・

最近キーボードの調子が悪く、BackSpaceが全然いうことを聞いてくれなくて困ってます。


ところで、何が1割位かというと、当ブログの海外訪問者です。

毎月統計は取っていますが、当ブログのアクセスが大体毎月2~3割くらい海外の方が占めています。
実は6月は4割近くが海外の方だったりもしたのですが・・・。
最初は世界大会に出てた日本人が見たのかと思ったけど、この解析はドメインじゃなくてPCの言語設定見てるし・・・。


ところが先月は1割ちょい。2割切ったのは先月が初めてだったのでちょっと驚きました。

・・・と言う話を某氏としていたら、「いやそれはおかしい」と言われてしまいました。
そもそもなんでブログの海外アクセスの話になったかは置いておいて

彼曰く、

普通の日本人向けオンリーの内容のブログで、海外アクセスが1割超えるって事自体がおかしいのだとか。

確かに、当ブログは「きれいな日本語」で書かれているわけではないので、

とても自動翻訳さんがまともに翻訳してくれるとは思えません。

ネタ的に考えても海外需要があるようには思えませんね。
そもそも最近有益な内容一切書いてないし


言われてみれば・・・不思議ですねぇ(´・ω・`)

因み海外アクセスというのは殆どがアメリカ、イギリスなどの英語圏で、

あとは中国、スペイン、ポルトガル、ブラジルが多いです。


今日はそんな新たな謎を見つけた話でした。


これまでの話は全く関係ないのですが、

今更になって当ブロクの検索フレーズのランキングに「産技高専」がはいるようになってしまいました。

フレーズですから、Google先生に「産技高専」とだけ打って当ブログが検索結果に出てきていた・・・。

ということですよね。

卒業してるはずなだけどなぁ。おかしいなぁ(´・ω・`)


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
昨日、Twitterのタイムライン(以下TL)に関する仕様変更があったようです。

内容としては簡単に言うと、Twitterというのはユーザーがフォローしたユーザーの呟き(ツイート)、

そのユーザーが共有(リツイート、以下RT)したツイートが時系列でどんどん流れてくるシステムです。


このつぶやきが流れてくる画面がTLです。

今までの仕様ではこのTLではフォローしたユーザーの呟き(自分のを含む)とRT、

及びTwitter公式から流れてくるプロモ(殆ど見ないけど)で構成されています。


ところが、今回の仕様変更で、それ以外にも

・自分やフォロワーのツイートに関係ありそうなツイート

・人気のあるツイート(お気に入りの数等から判断?)

を自動で選んでTLに流すという機能が追加されました。
Ama○onでいうおすすめ商品みたいなノリでおすすめツイートがTLに流れてくる感じです。

Twitterではこのような大規模な仕様変更をする際には

予め一部のユーザーのみにテスターのような形で先行実装を行います。

その時のレスポンスを踏まえて本実装に踏み切るわけですが・・・


少なくとも日本人からは今回の先行実装の時点で色々な批判が飛んでいるようでした。

なのに本実装に踏み切っちゃった訳なんですね。
Twitterって利用者・・・というかツイート数で言えば日本がダントツでトップ走っているので、日本の意見を無視するというのはかなり無謀な賭けに出てる気もします。

機能としてはTwitterに前からあったアクティビティの分が直接TLに流れているという感じでしょうか。


Facebookにコレと似たような機能が既に実装されているらしく、

コレが嫌だからTwitterを使っているという人も結構いるという話なのですが・・・。


因みに自分は今日Twitterを開いてみて、コレらしきツイートをまだ1つも確認できていません。

極端に流れる頻度が少ないのか、はたまた実装直後だから「おすすめ」の統計データが取れていないのか、

単に自分のTLが流れ過ぎという意見もありますが、

そもそもどれがコレに該当するのかを調べる方法もよくわかりません。


ある程度の数フォロワーがいる方はあまり気にしなくてもいいシステムかもしれません。
但しTLを普段からプロモでいっぱいにしているような人の場合は結構変わってきそうですね。


という訳で今日はこのへんで。続報あったらまた。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
アクセス解析のコーナーもどんどんやる気が廃れていっています。

6月の更新が4回、7月が2回・・・。よくこれでアクセス数維持できてますね・・・。


どうにも過去の一部の記事に極端にアクセスが寄っているようで、

ブログ記事というより普通のサイトのような使われ方をしているページがいくつかあるようです。



3月
順位 ワード
1 PIC 203
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 152
3 コンデンサ 76
4 使い方 71
5 NXT,nxt 64

4月
順位 ワード
1 PIC 214
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 112
3 コンデンサ 85
4 使い方 73
5 NXT,nxt 62

5月
順位 ワード
1 PIC 224
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 123
3 コンデンサ 84
4 使い方 67
5 NXT,nxt 61

6月
順位 ワード
1 PIC 232
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 126
3 コンデンサ 91
4 使い方 89
5 NXT,nxt 77

7月
順位 ワード
1 PIC 221
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 165
3 コンデンサ 93
4 使い方 72
5 NXT,nxt 67


順位変動起こらず、もう数値も安定してきましたね。
こういう数値って安定するものなのだろうか・・・。更新しなければ減るものだと思うんだが・・・。

ロボカップの大会があった時期はロボカップがちょっと伸びて、それ以外は変化しない。

これがもうずっと続いていることがわかりますね。


今日の話はその特にアクセスが集中しているページの話です。

当ブログのアクセスが特に集中しているジャンルが2つあることがわかりました。

1つがPICの記事ですね。

特に4桁PICに関する記事のアクセスがとっても多いです。


2つ目がコンデンサ。

何故か過去にコーナーをやったコンデンサ記事が非常にアクセス過多な感じです。


この2つが多いっぽいということがわかりました。コンデンサは前々から多いのわかってたんですかね。


ワードの結果を見ても1位と3位ですからまぁ納得の結果ということでしょうか。

ロボカップは単語としてあっちこっちで使っているので特定の記事の影響ではないようですね。


という解析の結果がでたからといって何をどう変えるわけでもないですけど・・・。


それよりも個人的にはEV3が主流となった今、なぜ未だにNXTの記事が・・・?

という疑問の方が大きいです。

未だに使ってる人は使ってるんですね・・・。

という訳で今日はこのへんで。



(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[09/25 ONE RoboCuper]
[11/19 big]
[11/11 お馬さん]
[08/08 うまごやぐらし!]
[04/20 匿名(にさせてw]
かうんた
らじぷろ目次
らじぷろ検索機
プロフィール
HN:
Luz
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1994/02/15
職業:
大学生
趣味:
ラボ畜
自己紹介:
初めまして。Luzと申します。
某大学の情報学科に入りました。のんびりと生活を送るのが今年の夢です。
めーる
radiumproduction☆yahoo.co.jp
※☆を@に変更して下さい。
バーコード

PR

忍者ブログ 2005-2013,Powered by Radium-Luz-Lα+-Rescatar in RadiumProduction [PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...