忍者ブログ
RoboCup Junior Japan Rescue Kanto OB

             2005~2013
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は産技高専で電気通信部まーじゃんぶの大会があるから来いと某OperaLegend氏に呼びつけられたので

約一ヶ月ぶりに産技高専に行ってきました。


連投です。さっきの記事でW700にしか触れてないことに気がついたので・・・。

という訳で今日の本来の目的を果たしに、あの秋葉の後で産技高専に行きました。


今日は麻雀部ではALL JAという無線の大会を・・・

大会を・・・。


!?

この部活はいつも安定していますね。今日も何やってるんだか・・・。


ここでは書くことのできないような様々なブツを大量に持ち込んで、

部員それぞれが思い思いのALLJAを楽しんでいるようでした。

それで、今日の目的は4つ。

1.賞味期限が今日のカステラを処理してもらう。
2.麻雀(大事)
3.Operalegendに進学の話をする
4.W700のセットアップ

1.と2.に関してはオールクリアです。何の問題もなかった。うん。


3.は・・・うん。明日やろう。明日もおぺらとは会うことになっているようなので・・・。


4.ははだゃん氏がdropboxを入れてくれました。

しかし、windows8.1へのアップデートにも挑戦してくれましたが失敗した模様。


うん。自分何もしてないです。という訳で達成率は50%というところでしょうか。赤点ですね。


という訳で3回目のALLJAも無線には触ることなく(そもそも免許ない)離脱しました。

今回はOBとして煽りに来ただけなので泊まりはせずに22時頃離脱しました。

部室では今でもスマブラ無線通信が行われているはずです。

部員の皆さんレベル9のCPUに負けないように頑張ってください。


それでは今日はこのへんで。今日はこの後アキバに行くらしいので誰かに会うかもね。


あ。今日アレを買ったのは基本的にK氏のせいです。慰謝料請求したい(´・ω・`)

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
今日は産技高専で電気通信部まーじゃんぶ の大会があるから来いと某OperaLegend氏に呼びつけられたので

約一ヶ月ぶりに産技高専に行ってきました。


今日の記事は、その時のことについて書いていこうと思います。

その前に、話はその前日、つまり昨日に遡ります。

このブログでもぼちぼちコメントを頂いているK氏からTwitter上で

「明日秋葉に来い」という旨のメッセージを頂きました。


まぁ秋葉には用事がなかった訳ではないので行ってもいいかなぁと思ったので

ちょっと家を早くでて、秋葉に寄ることにしました。

そして秋葉着、K氏はどこにいるのかなー。とTwitterを開いてみれば・・・。

「超会議なー」

!?

超会議ってアレですよね。幕張でやってるニコニコ超会議ですよね?幕張って秋葉にあったっけ?

という訳でK氏に集合詐欺喰らいました。

やっぱりTwitter上で会った人とOFF会とかしちゃいけないね。


それで、今日は何があったかといいますと、

今大学では割りと色んな場面でPCを使用することが多いのです。

で、今は去年買ったASUSのなんたら300CAとかいうPCでを持っていってるのですが、

それがでかい、重い、つらい、の3重苦で辛すぎるので

新しい軽いPCを買ってみようと思っていました。


当初はMicrosoftのsurfaceを考えていたのですが、如何せん高くて悩んでいたところ。

出会ったのが記事タイにあるW700です。


この子の特徴。

まずはこの子は今話題のタブレットPCです。

タブレットかつwindowsのRTではなく8の方が搭載されています。

もうそれだけで心躍りますね。

CPUはi7 3217U、流石にsurfaceには劣りますが、そこそこの省電力iシリーズです。

画面解像度は勿論FULLHD。retinaではありませんが非常にきれいな画面ですね。


そしてなにより凄い点がその値段。


どうやら現在価格,comによると、ヤフオクでも6万以上、新品定価だと8万以上するらしいのでが、

今回、ほぼ新品のこの子を32300円(税込み)で購入しました!
まぁ新品と言っても販売終了してからちょっと経っているのでバッテリーはヘタってますが・・・

というのが今日の話です。弱点といえばストレージが64Gしかないので

現状で空きが33Gくらいしかないのですが、ぶっちゃけ外で使うPCにそんなもんは関係ないので


まぁ、この辺はいいでしょう。バッテリーの持ちは実測で3時間ちょっと。

BluetoothとかWifiを切ればもうちょっと保つかと思います。

ちょっとバッテリーに難ありかなとは思いますが、

便利な子ではあるので暫くこの子を使ってみようかと思います。


まぁバッテリーが多分保たないので、この子は別用途になりそうですが・・・

それでは今日はこのへんで。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
今日は大学入って初めての工学実験がありました。

内容はプログラム、乱数というテーマで行われました。


具体的な流れとしては

1.C言語における乱数にはrand()という関数があるけど、あれは擬似乱数を生成してるだけで

 しかも精度がお察しだから使っちゃいけないよね!


2.だったらもっといい乱数生成アルゴリズムはないの?


3.そうだ!日本人が考えたメルセンヌ・ツイスターがあるじゃないか!!!



という訳でメルセンヌ・ツイスター、所謂MTと呼ばれる乱数生成アルゴリズムの解説・・・

は飛ばしまして、実際にこれを伝ったプログラムの生成を行いました。

内容は解かせる気のない選択課題は置いておいて、

それ以外の必修課題は割りとポンポンと解けるものばかりであっさりと必修は終わらせました。

僕は特別プログラムが得意な方ではないし、タイピング速度もお察しなので、

僕が終わったということはほぼ全員が時間内に終わらせたことでしょう。


それで本題は選択課題なのですが、ある選択課題でこういった内容のものが出てきました。

「前課題のプログラムを出来る限り高速で実行できるものにせよ。」

MTのプログラムの改変はなしという条件がありましたが、まさかこんな課題が来るとは・・・


実行時間が高速になった場合は評価をプラスするとのことで、

50~150秒、30秒~50秒、教員の限界~30秒、~教員の限界

の4段階で追加得点が課されるとのことでした。
この実行時間が実時間なのか、システム上の計測時間なのかは不明ですが・・・


開発環境が統一されていなので(PCは統一されていますが)

正直あまり評定として意味があるとは思えないようにも思えた内容でした。


それで、僕なのですが、まず、高速化前の前課題のプログラムを実行してみます。

・・・42秒。


僕のプログラムは何が間違っているんでしょうか?

何もしてないはずなのに42秒出してしまいました。

結果に間違いはないし、何度見なおしてもおかしいところはありません。

周りに実行時間を確認したところ、「5分はかかるよバーカ」と一掃されました。


と、いうわけで。30秒切ってみることにしました。



ところが、まぁ色々と自分の知識とかあれやれこれやらぶち込んで見た結果


・・・41秒。

うん。これ無理!


という訳で42秒で諦めました。30秒切る人間はバケモノってことで。



そんな話をしていたら帰り道に編入仲間から

「最適化-01使った?」と聞かれました。



忘れてました、痴呆誕生の瞬間です。

最適化というものを根幹からすっかり抜けていました。そういえば指定してませんね。


ここでいう最適化というのは、普通にCをコンパイルすると、

実行時間とか使用メモリとかをあえて多めに取るように設計がされているのですが、

コンパイラに最適化設定をしてあげるとそこの部分を極限まで削ってくれるというものです。

勿論するとしないでは実行時間に大きな差が出てくるわけです。

・・・。

開いてる時間に学校のPCでもう一度試してきます。



というのが今日のネタです。それでは今日はこの辺で~。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior

4/22追記:-O2でコンパイル掛けたら28.011sになりました。
-O3で試すともっと早くなる気もするけど面倒なのでもうういいです。
前回の日誌から一ヶ月ですね。サボりまくってます。

さて、前回のサーバー構築日誌ではログインしたり、ユーザーを追加したりということをしていました。

それで次はSSHだね。なんて話をしていて終わっているようです。

なので今日はSSHについてお話したいと思います。

SSHというのは要するにアレです。通信プロトコルです。

サーバーとかPCとか通信する時に使ってるセキュリティ的に優れてるアレです。


・・・ダメだ。全然わかってなかったorz


ということで改めてちゃんと調べてみたら、


暗証、認証を用いた通信プロトコルの一種で、

ネットワークを介したコンピュータ間接続に用いられるもので、

別のコンピューターへのアクセス及び操作を行うことができる。


他の接続プロトコルと違って通信信号が暗号化されているのでセキュリティ面に優れている。


自分がやってたことそのままですね。文章力が足らないことを露呈させただけでした。


・・・


今回は、SSHを使ってサーバーへの接続を行います!

まずは通信をするためのアプリケーションをダウンロードします

いくつか種類はありますが、僕の場合はTeratermを使用しました。

ダウンロードして解凍、起動して接続に入ります。

鍵ペアでのログインもできますが、今回は初回なので普通にログインします。


まずは起動すると、このような画面になります。


SSHはTCP/IPの通信プロトコルなので左上のTCP/IPのラジオボタンをチェック

ホスト名はまだDNSがないので、前回決定したIPアドレスの192.168.1.30を入力します

ポートはそのまま22を、サービスがSSH、バージョンがSSH2、プロトコルが・・・

上の画面のようになったらOKを押します。

初回の接続時は証明書の発行がどうのこうのと言われます。続行を押してください。


そしたら次にログインしろという旨のウィンドウがでます。


今回は普通にログインするのでブレインテキストを使うを押して

ユーザー名、パスワードを入力します。

これは前回追加したユーザーとパスワードですね。

curoというユーザーで作成しているはずです。


それを打ってOKを押すと


こんな感じで表示されます。これで今サーバーの方に接続ができている状況です。


ただ、ちょっとお気をつけなのが、

今この状態だとSSHのセキュリティ設定、及びルーターの設定によっては

IPアドレス、ユーザー名とパスワードがわかれば、

このSSHで世界各地からこのサーバーにアクセスが可能であるという点です。


セキュリティもクソもあったもんじゃないですね。本来ならここで鍵ペアを作成して

これ以降は鍵認証を使ってアクセスをするのが定石なのですが

何分面倒なので後回しにします。


というのも、ルータの設定にあるポート開放の部分で22番ポートが開放さえされてなければ

サーバーの状態に関わらずSSHでは外からの接続はできません。

特になにかしていなければ通常このポートは開放されていないので問題無いというわけです。


という訳で今日はSSHによる他のPCでのサーバー接続を行いました。(今日とは言ってない

次はちょっとネットワークの話をします。


先程からうるさい「ポート」というものについてちょっと解説してから次に進もうと思います。


因みにその次のフェーズはセキュリティについてですね。

その後がFTP、WEB、DNS,メールと続く予定です。続かなかったらごめんなさい。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior



非常に大事な送別会をおもいっきり忘れていました。

というか、明日だと思っていました。


後1時間半で、WindowsXPのサポートが終了します!

XPは2001年にリリースされ、次のOSであるWindows7がリリースされる2009年までの

8年もの長期にわたってMS社の最新OSとして、世界各国で使われてきました。


インターネット普及の立役者でものあるXPは

個人用のPCだけでなく多くの企業のコンピューターのOSにも用いられ、

銀行のATMや電車の自動券売機、デジタルサイネージなど

ありとあらゆる電子機器に利用されてきたOSですね。


今でこそWin7が主流ですが、XP発売当時の衝撃と言ったらWin7以上のものだったかと思います。

でもXPは最初から素晴らしいOSとして扱われていたわけでなく、

むしろ発売当初は糞OSと呼ばれていました。


なぜこんなにも昔と今とで評価が違うかといいますと、

これはPCの性能、特にメモリの進化によるものが大きいです。

と、いうのも、XP発売当時はPCのメモリといえば64Mがいいところ。

現在の標準が4Gですから、相当な違いですよね。

この圧倒的メモリ不足によって当時XPは重すぎて使えないOSだったんです。
動画再生すらまともにできないようなPCが殆どだったような記憶があります。そもそもまともな動画自体も少ないし

それが時が経つにつれて、PCの用途が増えていき、その結果メモリの使用量も増えてきたので

PCの搭載メモリが増える→XPが本領を発揮する→あれ?使える!?

という感じでXPの評価が急激に上がっていったように感じます。


なんか7の時もこんな感じでしたよね。きっとこれからもずっとそうです。

ただ、XPはインターネットの普及、IT化が一番流行った時期のOSだったこともあり

今までのOSにはなかった情報化社会に適応できるOSだったからこそ、

ここまでこれたのだと思います。



ぶっちゃけそれまでのwindowsは個人的には

某りんごの人が作ったGUIっていう革新的なアレに肖ってできたパクリOS感が凄いと感じますね。


なので、windowsが一番革新的に頑張ったのは

「PCを事務で使うものから家庭で使うものに変える」

を達成したXPなんじゃないかなーと思っています。



でもこれでもうその役目も終わりということですね、残念です。


ハードの方もHDDに代わってSSD、今では更にSSHDなんてものが出てきているように

ソフトの方も移り変わりは激しいです。


10年経てばこの世界は一変しますし、10年後に今の状況を思い返すと「信じられない!」

と思うのはもはや避けられない運命だと思います。

そんな中で懐古厨の私は静かにXPのご冥福をお祈りいたします。


というわけで今日はこのへんで。13年間お疲れ様でした!

因みに僕の最初のPCはXPじゃなくてMeでした!XPは3台目かな?


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
今日じゃないよ。昨日の話です。

今日は別の場所で入学式だったので学校にはいっていません。

新歓祭という名の飲み会を学校入学前に既に4回やっており、

登校した数より飲み会した数の方が多いという謎の大学生活が始まっています。


それで今日のネタはこちら。


僕としてはもう使い始めてとっくに一年以上経過しているので全く気にしてなかったのですが

やっぱり初見だとこれを異常に思われる方もいるようです。


・・・なんのことかって?


こいつです、こいつ。


余ったLipoで作ったりんご充電器、通称りんごのおやつです。

普通に使っててツッコまれる場面が多かったです。これくらい普通だよね?

某なんとかこんぶさんには「まだ使ってるんですか(呆)」とか言われましたが現役ですよ。


むしろこいつなしでは大学生活は語れない。電池切れになりますからね。


それでは今日はこのへんで。何だこの記事(´・ω・`)

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
タイトルの通りです。

帰宅時間ほぼ1時、完全に完璧に全璧に終電です。


大学生になってはじめての登校で、

一応登校時間多めに見積もったら多めに見積もり過ぎて集合時間の1時間前についたり、

予想より単位認定の上限が少なくて焦ったり(結果的には全然問題なかったようです)

まぁ色々しましたが、無事単認定は終了しました。

シラバス電子媒体で良かったのを知らずに本で持っていったのが反省点ですかね。

重くて死にそうでした。はい。

認定については13時頃には終了し、あとは新編入生歓迎会となったのですが

新編入生歓迎会の開始が19時からというスケジュールでまさかの6時間空き。

新編入生同士で親睦会的なことをやりましたが、体力的に持たず、17時頃に死屍累々となりました。
すごいよ!1年かけて部員の一年生の名前覚えられなかったのに今日1日で編入生10人全員名前覚えたよ!すごいでしょ!


あとは歓迎会でまさかの産技出身の先輩に会いました。

しかも2人。荒川と品川。

「産技高専という高専の名前を知っている人がそもそも存在しないこと」

を疑ってかかっていったのですが結果は予想の斜め上に行きましたね。


その先輩方とか、同期の話を聞いてる限りだと、

「あれ?産技って偏差値の割にだいぶ無茶してる?」

と思う場面が多々ありました。

授業内容を説明するとだいたいどの高専の方も驚いている様子でしたね。

産技生諸君。まだ君たちに生きる道はあるぞ。


という訳で今日はこのへんで。

明日も早いので今日は早めに寝ます。時計の短針が2と3の間にあるのは気にしない。

(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
Twitterやらなんやらでは嘘をついたりもしていたのですが、

このブログで嘘つくのを忘れてました。

今日はエイプリルフールですよ。

嘘、つかなきゃ(使命感)



っと言ってもつく嘘のネタは大体使い果たしてしまったのでつく嘘がもう残ってません。

まぁ今日は何人かもう騙せたからもういいかな・・・。


あーこのブログ今日で閉鎖されるらしいですよー(棒読み)

よし嘘ついた。ノルマ達成。本題に移ります。


今日はエイプリルフールということで、個人だけでなく様々な企業、団体も

多種多様なエイプリルフールを楽しんでいましたね。

特に企業ではこのエイプリルフールに一体何を求めているのか

嘘をつく、というよりネタに走るといった傾向が強いですね。
某ロフトはハンズを名乗るし、某ハンズはロフトを名乗るし訳がわからないです。

さて、この企業によるエイプリルフール合戦。毎年一躍話題になるのがGoogleですね。

Google Mapsをドラクエ化したり、モールスIMEをリリースしたり、

他の企業よりエイプリルフールにかける情熱は人一倍といったところでしょう。


そして今年は何をやったのかといいますと・・・


Google Mapsの世界各地にいるポケモンをゲットしてポケモンマスターを目指そう!

というものでした。

実際にGoogle Maps上のあっちこっちにポケモンが配置されていて、

それを捕獲して図鑑を埋めるというGoogle Mapsそのものを一種のゲームにしてしまう、

そんな企画となっていました。

実際にやってみるとしっかり作られていて、ちゃんと捕獲したポケモンが図鑑に載ったり

発電所には電気タイプのポケモンが、寒い地域には氷タイプが、川には水タイプなど

ある程度考えて配置されている節がありました。

あとは秋葉原にピカチュウがいたり、ソチなどの時事ネタにも合わせてポケモンが配置されていたり

一部の観光地にはその観光地に合わせてポケモンが配置されていることもあって

Google社のポケモン愛を感じる場面が多かったです。
早稲田大学にウソッキーを置いたのも時事ゲフンゲフン

全部で150種類のポケモンが配置されたようなのですが、世界各地から見つけるということもあり

ゲームとしての難易度は高かったと思います。Googleの一発ネタゲームはいつも難易度高めですしね。

結局僕は40匹弱しか見つけられず、時間切れとなってしまいました。150匹集めた人いるのかなぁ。


丸一日かければどうにかなったのかもしれませんが流石にそんなに時間に余裕はありませんしね。


という訳で今日はそんなエイプリルフールねたでした。Google先生いくら使ったんですか・・・。


(^・ω・)ノ RadiumProduction in RoboCup Junior
部長引退などと抜かして仕事を放棄したぜむ氏がこんな懐古記事を書いていたので

肖ってみようと思います。


というわけでLuzのLuzによるLuzのための懐古記事の始まり始まり~


2005年
ロボカップ初参加の年ですね。

高専にロボットの体験イベントで遊びに行って、そのままの流れで大会に参加。

確かこの時は個人で出たけどどっちかっていうと埼玉大学グループで出た気がします。

当時は東京ノードのレスキュープライマリは3チームだったね。

ブロックに進まない限りは複数ノードでのエントリーもできた時代です。

色々と今とは全然違う感じでしたが、それはそれで楽しい時代だったと思います。


2006年
ノードで優勝した以外記憶に無い年ですね。

Truthでの初エントリーだったかと思います、飯田橋のレスキューの一期生だったかな。

この年はなんか色々と無理して大会に出た結果、滅茶苦茶に動かないロボットが出来上がり、

何故か優勝した、そんな大会だったと思います。関東ブロックは覚えてません。


2007年
この辺まではTruthと埼玉大学のダブルスクールをしていたような気がします。

事故って北九州に行けなかった分、大阪に行って遊ぶ予定でしたがこの年は事故りました。

この年「も」だね。うん。


2008年
汚い手で沼津に滑り込んだ年。そうとしか表現できない。

でも恐らく自分が一番強かったのがこの辺なんだろうね。

ジャパンの予選とか1位通過してたからちょうどこの辺ピークですね。

因みに2006~2008の3年間はネトゲ廃人まっただ中でロボット一切触ってなかったけど

何故か成績は一番良かったと思う。どういうことなの。


2009年
高専入学、そして成績不振が始まる。(そして終わらない)

ロボコンのたまり場だった部室を開放したり、未来工房の体裁作って部屋もらったり、

一番仕事したのがこの年だと思う。なんで部長じゃないんだろう。


2010年
久しぶりに関東で落ちたと思ったらシンガポールにいた。そんな年。

ぜむ氏に初めて会った年であると同時に全てが始まっていたんだね。

部室がれすか研究室と言われるようになったのこの頃。


2011年
神奈川西東京の主審とかやったね。うん。


2012年
ぜむ氏に部長業務とパシリをすべて押し付けるという今の体裁を確立した年。

ロボカップ部を現在の状態にしたのもこの年だったかと思います。

尼崎で失敗したことだけは今も色々と反省している。


2013年
関東ブロックやジャパンオープンの審判とかやったね。あとはNESTロボコンのレスキューチーフとかやったね。

あ、カメラ制御は楽しかったけどもう2度とやりたくない。


2014年
名誉老害していたかった一年だった・・・。

神奈川西東京や関東ブロックの主審とかやってました。全国大会は諸用で休んだら怒られました。

当たり前だけど一番ロボカップに関わってない年ですね。


以上!LuzのLuzによるLuzのための懐古記事でしたー。


全体を統括して思い返せば

高専に入学するまではロボットはそこまで興味があるものじゃなくて

まぁ時期が来たら適当に~みたいな気が強かったような気がします。

そもそもRCXしかなかったのでそこまで新しいことができる訳もなく、

ルール的にも新しいことをする必要がなかったという部分が大きかったのかな。


高専に入学してからは部品が山のようにある環境から

自分の作りたいものばかり作っていたような気がします。

それで大会に勝てるかどうかと言われれば

「うん、これは勝てないな!」

と言いながらもやってみたいことだけが先行して

自分がその時やりたかったことだけが詰め込まれたロボットができていきました。

12,13年はチーム戦になったのでまぁそうも行かなかったのですが・・・。根本は変わらないね。


今思えば1回くらいは「勝つこと」を目標にしたロボットを作ってみても良かったかもしれません。

まぁ今更言っても始まらないけどね・・・。


というのがこの10年のロボカップにおける総括ですかね。

個人的には後輩がレスキューで全国優勝して世界行くことになったから

自分が高専でやるべきことは全てやったかと思います。

部活の構造は全部作ったし、部屋は与えたし、後輩を自発的に働くようにもさせた!


じゃああとはロボカップ研究部の皆さん頑張ってね!丸投げだよ!


というわけで今日の記事はこの辺で。

それではみなさんまた今度~

高専生としての最後の記事がこんなんで本当にいいのだろうか・・・?


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
 
参加した選手の皆様並びにスタッフの皆様お疲れ様でした。

今回私は大学等々の都合により、2日目にちょっと顔出して微妙な手伝いと観戦だけとさせて頂きました。


各方面から批判されたけど権力には逆らえない系高専生なのでお察しください。

因みに在学中に高専に行くこともあと一回しかなくなってしまいました。

明日行ったら後は親の実家の方に行くことになっていますので4月まで戻ってきません。


まぁそんな話はおいておいて、結果、一体どうなったのでしょうかね


2日目の時点で

サッカーBライト:出場1→決勝トーナメント進出

サッカーBオープン:出場1→決勝トーナメント進出

レスキューA:出場2→5位 、8位

レスキューB:出場1→0点×2

cospaceレスキュー:出場2→競技は3日目のみ 


だったので最終結果がどうなっているかさっぱりわかってないのです。

サッカーは3日目に決勝トーナメントがありますし。レスキューは全て3日目も競技があったので

私産技は一切結果を知りません。

Twitterで何チームかの結果は聞いたので、どの辺にいるのかはだいたい想像がついているのですが、

どうなったんだろうねぇ。


まぁ明日実際に部室に行って聞いてくるとしますかね。


それでは今日はこのへんで。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
最近SNSとかクラウドとかの連携に手を出しています。

色々調べてみてますが、まだちょっとワカラナイことが多めな感じです。


なんで記事にしたかわからないぐらい意味不明な状態ですが、とりあえず現状報告ってことで。

あ、別にネタ切れってワケじゃないですよ()

でももう書くことないから今日はこの辺で。

コーナーの続きは明日にしようと思ったけど明日は卒業式だね(´・ω・`)


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet

さて、自分は今何をやっているのだろうか。

ちょっとphpで試したいことがあるからとコーディングを始めたんじゃなかったっけか。

いつの間にか吐血だけで全てを赤く染めた魔の12月よりも状況が悪化しているようにも思えます。

phpとHTMLなのでやってる事自体は難しくはないのですが、量がお察し。

さて、これはいつ終わるのでしょうか。

 そしてこの容量のデータが間違って2GのmicroSDに焼いてしまったBBBのOSの中に入るのでしょうか?


不安要素は拡大します。

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
思いっきり風邪っぽい症状がでています。死にそうです。


今日は1日家でぶっ倒れていた訳ですが、その過程でなんとなくですが

このブログに関係したサイトをつくろうかなぁと思ってしまいました。

といっても既にサイトをいくつか管理してるし、これ以上増やすのもどうなかなぁと思ってたり。


つくろうか、どうしようかちょっと今考えています。

まぁ作ったところで正直ブログのまとめになって、そっから先は発展していかないとは思いますがね。


まぁとりあえずまずは今取り組んでいるBBBと後その他もろもろのお仕事を何とかしませんと。

時間があったら作るかもしれません。ではそれでは。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet




花粉は人類の大敵、言うならば公害の一種です。

今回はその花粉を撃退するために、空気清浄機を作るという内容です。


超ハイパワーのものを作って花粉を一粉足らず駆逐してやる・・・!


と、いうことで今回は花粉を残らず駆逐する、扇風機を使った空気清浄機のご案内です。

まずは東急◯ンズで買うものを・・・あれ?何を買うんだっけか・・・。





・・・忘れちゃったので家に帰ります(´・ω・` ) ) ) 。



そして家に帰って思い出しました。買うもの。

そうだ。花粉を絡めとるフィルターだ!

でももう一度フィルターを買いに行くのは面倒・・・。



そうだ!これがあるじゃないか!


Tissue Tissue Tissue もう夢中なry

花粉対策で大量に溜め込んだティッシュペーパー。これを使えばイイジャナイカ!

と、言うわけでティッシュペーパーを扇風機の空気の吸込口に貼り付けます。


そして完成。



この空気清浄機を動かしている画像が此方になります!

  


えー。動かすと、

ティッシュペーパーの方がプルプル微振動していて、とても花粉を吸着できているとは思えません(笑)

どうやらちょっとでも隙間があると、このようになってしまうようですね。

恐らく集めた花粉はティッシュペーパーの振動でしたに落ちているものだと推測できます。


吸着は出来ていませんが、まぁとりあえずこれで部屋の花粉を一箇所に集めることには成功しました。



心なしか、目の痒みも解消されたように思えます。


と、言うわけで今日は花粉を一箇所に集める手軽な空気清浄機の作り方でした!


無理はしてないよ!テンションで押し切ったよ!

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
連投になります。前回に引き続き、サーバー構築日誌です。

今回はOSのインストールが終わったので各種設定に移っていこうと思います。

ということでまずは初期設定から。

OSインストール後、起動するとログイン画面となります。

といってもCUIですので文字だけになりますが・・・。


ホスト名 login:

とでますので、ここにログインするユーザー名を記述します。

 といっても初回起動ではroot以外のユーザ名はありませんのでrootと入力します。

次に

Password:

と表示されるのでインストールの際に入力したパスワードを入力します。

これでrootでのログインができました。

次にユーザーの作成を行います。rootしかユーザーがないというのはセキュリティ的にも不安なので

基本的にこれ以降のログインにはrootではなく今から作成する管理アカウントを使います。

今回はcuroというアカウントを作ってみます。

useradd curo

と打ち込めば、curoというユーザーが作成され

passwd curo

と打ち、パスワードを2回打つことでパスワードを設定できます。


一旦exitと打ってrootからログアウトし、curoでログインができれば正しくユーザーが作成できています。

また、curoでログイン後

su -

と打つとパスワードを要求されるのでrootのパスワードを入力するとrootに移行することが出来ます。

このユーザーはメールアカウントにもなりますので、作成コマンドは結構大事です(小並感


次にIPアドレスとかを設定します。基本的に今の環境だとDHCPが動いているかと思いますが

これだと後々面倒なのでIPアドレスは固定させちゃいます。

viを使って設定ファイルを編集します。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 

と入力してイーサーネットの設定ファイルを開きます。

まず

ONBOOT="yes”

となっているかを確認し


BOOTPROTO=dhcp 

BOOTPROTO=static

に変更します。


IPADDR=サーバーの設定したいIPアドレス
NETMASK=ネットマスク(大体の場合 255.255.255.0)
GATEWAY=ルーターのIPアドレス
DNS1= ルーターのIPアドレス

を入力します。

今回の場合は適当に

 IPADDR=192.168.1.30
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.1
DNS1= 192.168.1.1

としました。ルータのIPアドレスですが、大体の場合、192.168.0.1か 192.168.1.1です。

ブラウザのアドレスバーに 192.168.0.1 と打ってルーターに繋がればそれがルーターのIPです。

わからなければネットで調べるか、説明書があれば書いてあるはずです。

因みにこのルータのアドレスは後にポート開放の際に使うのでどこかに控えておきましょう。


終了後は

/etc/rc.d/init.d/network restart 

と打ってネットワークを再起動させます。

基本的に設定の適応は設定対象のソフトウェアの再起動を持って行なわれますので、

設定ファイルの編集後は必ず再起動を忘れないようにしましょう。 


という訳でこれで今日は初期設定を行いました。

次はいよいよ本格的なサーバーの構築には入らず、SSH環境の整備を行います。

一般的なサーバーPCにおいては液晶もキーボードも繋がっていないのが基本ですので

大抵の場合、一番最初の初期設定だけそこら辺の出来合いの液晶とキーボードをつなげてやった後は

全部SSHという方式を使って他のPCから操作していく形になります。

この子はノートPCなのでその必要はないといえばないのですが

やっぱり面倒なのでSSHで接続する環境について作っていこうと思います。

それでは今日はこの辺で。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
日誌どころか半年空いてしまいましたね。

それどころか、ぶっちゃけ8月の時点でサーバーはとっくに完成していて運用してる状態にあるので

日誌の体は完全に成してないです。「あくまでコーナー名」だと思って頂ける幸いです。


という訳でここ数実はずっとコーナものの続編を書いていますが、今日はサーバー構築日誌です。

なぜこのタイミングで完全に3日坊主状態だったこのコーナーを復活させたかといいますと、

beagle bone brack をサーバーにしよう!なんていう謎コーナーを立ち上げてしまったため、

このままBBBのコーナーを進めてしまうとサーバー構築日誌が本物の産廃になってしまうので

それを阻止するために復活というわけです。

BBBのコーナーは暫くサーバーの方には入らないのでその間にこっちのコーナーを進めたいと思います。


前回の記事は此方になるのですが、余りにも間が開いているので簡単にこれまでの流れをご説明しましょう。

①ノートパソコンがあるぞ!サーバーにしよう!

②元々入ってるvistaは消したくないなぁ・・・。

③よーし、パーティションぶった切ってCentOS入れる領域作るぞー!


・・・以上です。3つも記事を書いていたのに思ったより何もしてませんね・・・
まさかまだOSのインストールすらできていないとは・・・。

という訳でこの続きから入らせて頂きます。

今回インストールするOSはCentOSといってRedhat系ではまぁ割とメジャーなOSです。

Linux系のフリーOSですので今回はこれを使用して行きたいと思います。

まずはダウンロード。今回はCentOSのダウンロードページから32bit版のCentOSをダウンロードします。

通常だとisoをダウンロードする場合が殆どなのですが、

isoでダウンロードをすると後にファイルの欠損がないかチェックする必要があって微妙な手間が増えるので

今回はtorrentファイル形式でダウンロードしました。operaブラウザなら問題なくダウンロードできますが、

それ以外のブラウザだと専用のtorrentDLソフトが必要になってしまいますので

持っていない場合はOperaプラウザをDLすることをオススメします。

今回は最小構成でやっていくのでCentOS-6.5-i386-minimal.torrent というファイルを落としました。


torrentを落とすと勝手にisoファイルも落としてくれるので、次に落ちてきたisoファイルをDVDに書き込みます。

とりあえず適当にフリーソフトでも落として書けばいいんじゃないかと思います(投げ

多分、BurnAwareとか使ったような気がしますが、何分半年以上前のことなのでよく覚えていません。


次はインストールの作業ですが、出てくる画面を順番に流していくと

①インストール実行
install or upgrade an existing system (空エンター)

②メディアチェック
skip

③グラフィカルのインストーラがでてくる
Next

④言語選択
日本語を選択してNext

⑤キーボード設定
日本語を選択して次へ

⑥ストレージ選択
基本でいいんじゃないかな

⑦警告
はいを選択して次へ

⑧ホスト名設定
自分の好きなホストを入れよう

⑨地域設定
UTCを使用のチェックを外して自分の住んでる地域を選択

⑩rootパスワード
root=管理者ですね
任意にパスワードを入れましょう

⑪インストールタイプ
すべての領域を使うとびすたが消えるので空き領域を使用するにします。
普通はすべての領域でいいんじゃないかな

⑫インストール
終わったら再起動を押して終了。



以上ですね。


これでインストールが終了しました。

次は初期設定とか何やらかんやらの設定を行います。

それでは今日はこの辺で


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet




前回はメールについてでしたね。

今回はSIMについてです。

SIMとはアレですね、携帯のIDが入ってるカードでユーザー特定に使ってるアレです。

ユーザー情報に付与されるのは電番特定の為のIDとかアレとかコレとか。

今の携帯はSIMのIDを読み取ってそれを基に電話番号とか、サービス形態の特定をしているので

SIMがないと電話会社のサービスに該当する電話とか、3G及び4Gの通信ができません。wifiは使えるよ!

場合によってはSIMがないと起動しないように設定されている端末とかもあったりする

要するに大事なカードです。


んで、そのカードが・・・

週にして3日くらいは認識していない状態なんです(笑)

つまり・・・週に3日はあれもこれも使えない状態になっている・・・と。

実は今そんな状態です(笑)

auに何度か行ったんだけど、これも状況改善が見られないパターンです。


一体何がいけないんだろうか、さっぱりわからないまま月日だけが過ぎていきます・・・。

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
 



投げっぱなしのコーナーもいくつかありますが、気にせず投げたまま新しいコーナーを立ち上げました。

といっても立ち上げの予定は実は結構前で、卒研の影響で伸びに伸びて今に至ります。


新コーナーのテーマは、beagle bone black 通称BBBです。


beagle bone black とは今話題のRaspberry Piの仲間で、シングルボードコンピューターというコンピューターです。

簡単にいえば、マイコンとPCの両方の機能を兼ね備えたもの・・・という感じですかね。

スマートフォンのようにARMコアを使用したパソコンですね。


ARMなので中身はマイコンですが、LinuxOSが標準で搭載されています。

beagle bone black の場合はUSBやLANポートも搭載されていますので、

ubuntuなどを入れてしまえば通常のPCと同じように動かすことが出来ます。

Raspberry Piの方はロボカップでも使われているところをたまに見るので知っている方も多いかと思いますが

通常のPCと同じようにと違ってシングルボードコンピューター達はマイコンのように汎用I/Oを持っています。

これによってマイコンと同様の入出力処理が行えるというとってつけたような利点があります。


なのでこの子達には

1.小型PCとしての生き方
2.マイコンとしての生き方
3.1と2の中途半端な生き方
4.お蔵行き

の4つが用意されています。シングルボードコンピューターの生涯は大体この4つのどれかに分類されます。



そこで beagle bone black とRaspberry Piの違いですが、

性能的に言えば beagle bone black がRaspberry Piの上位互換ということになります。

詳しくは省略しますが、CPU性能は beagle bone black の方が高く、

HDMI接続時の画面解像度も beagle bone black の方が高いです。

Raspberry Piにはカメラコネクタがあり、 beagle bone black にはありませんが、

I/Oの数ではRaspberry Piが8本なのに対し、 beagle bone black は65本。結構な差があります。

但し、一般にはRaspberry Piの方が有名ですので、専用のmoduleだの、教本などの資料は多いです。


個人的な見解ですが、Raspberry Piは汎用的かつ入門向けで小型PCやサーバ用途に適し、

beagle bone black はデータがちょっと少ないので入門向けとまでは行きませんが、初心者向け?

かつ、マイコン寄りな構成をしていると言えるのではないでしょうか。


という訳で要するにどっちも初心者向けのボードというわけです。


beagle bone black の紹介についてはこんなかんじです。紹介になってないとか、言わない。

で、このコーナーでは何をやっていくかといいますと、

この beagle bone black  をサーバーにします!

さて、先程サーバー向けはRaspberry Piと抜かしておきながら、

いきなり beagle bone black でサーバーをやると宣言したわけですが、これにはちゃんとした理由があって、

その理由とは・・・








「僕が beagle bone black をやってみたかったから」

です!


・・・苦しいですが、こういうことですのでこれからよろしくお願い致します。

因みにRaspberry Piもちゃんと持ってますよ。4番の道を辿ってますけどね・・・。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
久しぶりのこのコーナー。今日でなんと4回目だそうです。

今日のネタは3G接続について!


にしようと思ったのですが、既出だったようです・・・orz

auに行ったりなんだろして、記事を書いた時よりかは繋がるようにばったのですが、

それでもつながらないところではつながりません。


という訳で今日はメールの話をしようかと思います。

あいほんではauからもらえる標準のメールアドレスの他に、

デフォルトのメールアプリにgmail等のアドレスを追加できます。


それで自分はgmailを登録して、gmailをメインのアドレスにしたのですが・・・。

ある時、メールがこなくなってしまいました。

どうやら同期が外れちゃったみたいで、何をしても治らず、auに行っても治らず、よくわからないことに。

手動でメール取得をすると取れるのですが、自動で取得できていたメールが取得できなくなってしまいました。


で同時期に自宅からgmail・・・というかgoogle全般にAccessできなくなる障害が発生したので

一切連絡の取れない時期がありました。


因みに今でもこの状態が改善されていないので

gmailに来たメールを自分のサーバーに転送する形で何とかメールを確認している状態です。


メールについては本当に不便極まりない感じですね。

というのが4つ目のスマホトラブルでした。5つ目もネタは上がっているのであるので近々ご紹介しますね。


それでは今日はこの辺で

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet

今日は産技中の5年生のSAN値が尽きる日、そう、卒研発表会です。

全学科一斉にやるのでカオスそのものですね。

我々5J は教室と752室に別れての発表会でした。

教室の方は何をどうあがいても状況最悪の我が研究室があったせいか、

周りの面子は割と緊張せずにやっていたのではないでしょうか。  

そしてうちの面子はどうにでもなれという勢いでしたので、ある意味和やかな方だったのではないでしょうか。

僕は第2セッションのトップでの発表だったのですが、

周りの空気もあってか別段緊張せずに発表できたのではないかと思います。


因みにうちの研究室では2人ほどボロが出て

「嫌な事件だったね・・・。」と思わず口にしてしまいそうな状況に陥ったりしていましたね。


あとは昼休みに別の研究室のポスター印刷手伝ったりしたけど、あれもなんなんだろうね。

あれ確か金曜締切じゃなかったっけ。


で、最後はポスターセッション

研究について掲示したポスターの前で雑談をする来る人来る人に研究の説明をするイベなのですが、


煽りに来た部員に囲まれた結果、僕のポスターは殆ど先生見にこなかったね。

今日来ていた情報の11人先生がいて、その中の4人?くらいしかきていなかったと思います。

まもとな説明もしてないけど大丈夫なのかな。気にしたら負けですよね。



とまぁこんな感じで特に大きな問題もなく発表の方は終了しました。


この結果がどう出るかは金曜日になるとわかるらしく、その時に3月の卒研続行の有無が決定します。


とりあえずは結果が出るまでしばしの休憩・・・と思ってたのですが、

大学の方の書類が溜まりに溜まっていまして・・・まだ暫くは休めないかな。


ブログの方はぼちぼち再開していきますんで今度ともよろしくお願いします。


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
・・・5ヶ月分です。

とりあえず今日まででなんとか、卒研発表までに仕上げるものは仕上がりました。

なので今日忘れ去られていたアクセス解析のコーナーをいこうと思います。


では、ワードランキングを5ヶ月まとめてどうぞ。

10月
順位 ワード
1 PIC 190
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 122
3 コンデンサ 81
4 使い方 70
5 NXT,nxt 60

11月
順位 ワード
1 PIC 198
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 150
3 コンデンサ 80
4 使い方 79
5 NXT,nxt 48

12月
順位 ワード
1 PIC 200
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 165
3 使い方 81
4 コンデンサ 75
5 NXT,nxt 44

1月
順位 ワード
1 PIC 215
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 110
3 使い方 81
4 コンデンサ 75
5 NXT,nxt 44

2月
順位 ワード
1 PIC 220
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 120
3 使い方 81
4 コンデンサ 78
5 RadiumProduction 54

代わり映えのしないランキングなので特にコメントしんくてもいいかな。

と,いうわけでここについてはスルーしまして次の年間ワードランキング2013に参りましょう。

このような結果となりました。
順位 ワード
1 PIC 2126
2 ロボカップ、ロボカップジュニア 1651
3 コンデンサ 1002
4 使い方 964
5 NXT,nxt 697


うわ代わり映えのない。このコーナーほんとにもうやらんくていいんじゃないかな。正直ネタにすらなりません。


と、いう訳で今回のアクセス解析はここで終了・・・と思ったのですが、

ちゃんと見てみると、気になる点が一箇所ありました。

それは閲覧に使われたブラウザの統計情報。

今までずっと1位がダントツでchromeだったのですが、いま見てみたらちょっと1位が面白いことに。

なんかいつの間にか1位に

facebookexternalhit/1.1

というブラウザ?がここ数ヶ月居座っていました。しかもchromeより桁が一つ多い・・・


自分はfacebookはやっていないのですが、facebookにブラウザ?と疑問を持ったのでちょっと調べてみました。

そしたらこういうカラクリだったようです。

サーバーのログにFacebookが記録されているのはなぜですか?

Facebookでは、ユーザーが他のユーザーに対して、面白いコンテンツを含んだリンクなどを送信することができます。Facebookでは一時的に特定の画像やリンク先を表示することによってホームページのタイトルや動画にタグされたものを表示できます。このシステムはユーザーがリンクを提供したときのみ情報を検索します。もしかしたら、他のユーザーがあなたのホームページからその他のユーザーにリンクを送ったからかもしれません。もし質問などがあればlegal@facebook.comまで連絡してください。
https://www.facebook.com/externalhit_uatext.php

つまり、facebookをやってる人がfacebook上でうちのブログのリンクを含んだ発言をすると

facebookからうちのブログにシ者がやってきてそれが閲覧履歴に残るという訳ですね。

要するにGoogle先生などで言うところのロボットがfacebookからもやってきてて

なんか情報を攫っていってるっぽいんです。

Google先生の場合はそれを検索システムに利用させているようですが、

facebookの場合はどうやら投稿リンクに付加するタグ情報

主にリンク先の概要を画面に表示するため?に使われているようです。


とはいえ、たった1ヶ月で何千ものうちのブログのリンクがfacebookに投稿されているとは思えませんし、

ちょっと違和感はありますね。

さてさて、これは一体どうなっているのやら。

今のところ問題は生じてないですけど、なんか変なことになってはいるっぽいですね。

facebookははじめようにも端末のOSバージョンが古くて入らなかったのでよくわからないのですが

うーん?とりあえず実害はないし、放置でいいのかなぁ?

特に問題があるわけでもないけど、別段Accessが増えたわけでもないのでほんとになんなんだかよくわかりません。

どやらカウンターの方は認識してないようですし、何が何だか・・・

とりあえず今日はこの辺で。また何かわかったら記事にでもしますかね。

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
”てふ”と言ったり”てっくす”と言ったり地域によって様々ですが産技標準では”てふ”です。

”てっくす”では通じません。

因みに”てっく”とか”てくす”とも言うらしいですが、リアルでは聞いたことがありません。


という訳で今日はTeXの話です。

もしかしたら以前にもしたかもしれませんが、記憶に無いのでもう一度やっても大丈夫でしょう。


まずTeXとはなにかいう話について致しましょうか。

TeXは、厳密にはプログラミング言語に該当するものなのですが、

多分、Wordなどの文章エディタとして認識されている場合がほとんどなのでしょうか。


要するにレポートなどの文章を作成するためのプログラムという説明がわかりやすいのかな。

プログラムと言っても関数型言語の形式をとっているのでC言語などのの言語は違って

記述的にはHTMLにのような感じでレポートなんかを書くことが出来ます。


特徴としては、見てくれがきれいで、目次や章屋敷番号等も自動で最適化してくれるので

だれでも簡単に体裁の整ったレポートを書くことができる。 といったところでしょうか。

特に理系では論文なんかを書く際には、まず間違いなく使われるであろう形式だと思います。


因みに高専電気科、情報科では2年の実験でTeXを習いますね。
あのTeXの実験はちょっと特殊というか独創的というか謎な方向に走っているのでんがあまり役にはたちませんが・・・。


ちゃんと調べないとインストールの仕方がわからなかったり、日本語が使えないなんてことがありますが、

まぁ普通に調べてやってれば簡単にできますし、慣れると非常に便利なエディタになってくれます。

自分は中学の頃から何度かお世話になってますね。ワードより使いやすいかというと微妙ですが

外向けの資料をTeXで作るとちょっとドヤ顔できるので非常に便利です()


インストールについてですが基本エディタ+TeXコンパイラでセットになっています。

ゆにっくす用、うぃんどうず用色々あり、派生系もたくさんあって、

どれを入れればいいのやら・・・。となることもしばしば。


僕がWindowsで使っているのはTeXworksというソフトで、

2年の実験の際にこれを使ってると言ったらクラス中がTeXworksをインストールしだしました。

クラス中でみんな使えているようなので結構簡単に扱える方だと思いますので

今日はTeXworksのインストールについてちょっと紹介します。


まずは此方からダウンロード。現段階で最新版はTeXworks-setup-0.4.5-r1281.exeですかね。

きっとこういうのはそのうち変更されてリンク飛んだのに書いてあるファイルがない!

なんてことはザラにありますが、その時は落ち着いてsetup exeを探しましょう。


これは実行ファイルなので起動して言うとおりに流れていればそのうちインストールが完了します。

但し、現在のTeXの仕様ではインストールしただけだと日本語に対応してくれません。

対処方法は様々あるのですが今回は一番簡単だと思われる方法を紹介します。


TeXworksのインストールフォルダ(C:\ProgramFiles (x86)とかかな?)に

あるbinフォルダの中(C:\Program Files (x86)\TeXworks\bin)のpdfplatex.batをメモ帳か何かで開いて

中身を全消しして


platex -synctex=1 -kanji=utf8 %1
dvipdfmx "%~n1"


の2行だけを書いて保存します。

あとはTeXworksを開いて編集→設定を開き、タイプセットタブをクリック。

タイプセットの方法から+を押して新しいタイプセットを作ります。


名前はpdfplatexとし、プログラムはBrowsを押して先程変更した pdfplatex.bat を選択。

OKを押した後でデフォルトを押してpdfplatexを選択してOKを押してください。

最後に右上の緑の矢印の隣が pdfplatexになっていればOK。なってなければクリックして変更してください。



TeXworksのインストールはこれだけです。

あとはネットなりのTeX文法を参考にガリガリ書いていけばいいんじゃないかな。

因みにpdfはpdf出力、pは日本語、LaTexはTeXの拡張版であり、今ではLaTeXが標準となっています。


という訳で今日はこのへんで。この記事は真面目な記事なのですが、

このブログはこういう真面目なことを書くとAccessが落ちる法則があるのですね(´・ω・`)


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
以前に某大学の推薦受験の話を記事にしたことがありましたが、

どうやら予想外に反響が大きかったようで全国の高専の受験生(予定)の皆様から詳細を・・・

という連絡が寄せられています。


この件につきましては、そのうち順順に返事返していこうと思いますのでよろしくお願いします。


そして今日は全く別の話ですね。

最近は本当に課題が多くて何が何だか。前回ちらっと書いた例の課題14コンボは絶賛継続中です。

それどころか、追加効果発動で14どころか20コンボ近くになっているような気がします。


んで、その中にFPGAのシミュレーションの課題があって、仮想で簡易的な計算機を作っています。

本来ならこの課題はこのシミューレーターを作った後で適当に機械語のdatファイルを置き、

それを読み込ませて動作テストをするのですが、

任意の追加課題として、ASM命令を機械語に落とすアセンブラを作るというものがありました。


今回はちょっと時間もないし、追加の方はスルーする予定だったのですが、

よく考えて見れば結構簡単に書けることが判明したのでちょっと書いてみることにしました。
べっ、別に本家の課題がうまくいかないから追加課題だけやって誤魔化そうとしてる訳じゃないんだからねっ!


という訳で昨日の夜にささっと書いてしまいました。

プログラムの内容としては、

・コマンドラインからファイル名を受け取って中身のデータを読み取る
・機械語に変換する
・imem.datファイルに書く


内容としてはこれだけです。

コンパイラのようにASMの記述ミスに対するエラー文を追加したので

その部分の表示にちょっと手間取りましたが、上手く動いているようです。


という訳で追加課題が終わったのですが・・・。

肝心のFPGAのシミュミュレーターは動作しないまま・・。・できないというよりまだ手を付けてないだけですけど。


さて、このアセンブラ。一体どこで使うんでしょうね()。

終わらない課題の日々は続きます。

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet

一昨年買ったREGZAタブレット、通称れぐたん(命名者不明)が急に起動→停止を繰り返すようになりました。


メイン端末として使っているわけではないので、全くファイル整理等していなかったのですが

その結果としてずっと溜まりに溜まったキャッシュやら一時ファイルやらがストレージやRAMを圧迫していたようです。

購入して初めてストレージの状況を見てみたのですが

保存しているファイルやアプリケーションの総量が5G なのに対して

キャッシュ総量が260M、一時ファイルなどの謎の集まりがなんと15G 。

RAMも700M中660M は常に埋まっている状態と散々な状態であることが確認されてしまいました。


れぐたんはAT200なのでAndroid4.0.2、

もうちょっと新しいものであればRAMのクリーンアップだったり、

キャッシュを消去するアプリケーションがプレインストールされているらしいのですが、

残念ながられぐたんにはそんな高尚なアプリケーションはありませんでした。


と、いう訳でネットから色々探してみたのですが、どうにも良いのが見つからない・・・。


ソフトはあるのですが、有料ソフトの無料版が多く、この類のものは

「RAMの状況は見れるけど無料版じゃ消せないよ♪」

と言ったものが多くてなかなか見つかりません。

ようやくAVG Cleanerという無料でもあれこれ消すことの出来るアプリを発見しました。


が・・・起動せずorz

どうやらこのアプリケーションを動かせるだけのメモリが足りていないようで、メモリをクリーンしないと

クリーナーソフトが起動しないという酷い状況に陥っていました。あれ?


しょうがないので最後の手段、再起動を行いました。

Androidはそもそも頻繁に電源を落とすことが前提にされていないので終了も時間かかるし起動も・・・。

その代わり、PCなどと違って再起動すれば一時ファイルなどの謎ファイルは勝手に消去してくれます。

れぐたんの場合ちょっと再起動かけるとその後の起動が怪しくなるのであまりやりたくはなかったのですが・・・。


この際しょうがありません。やるしかないね。

という訳で再起動をかけ、AVG Cleanerの起動に成功。

再起動で消えなかったファイルをまとめて消去してれぐたんはまた元の元気なれぐたんに復活しました。


ところで、REGZAってスマホの方は動かないだの起動しないだのバグるだのと評判凄く悪いようですが

タブレットの方は別にそんなことは無い、というのはあまり言われない話ですよね。

なんで悪いところだけ話題になるかな。いや普通に動くのが当然なだけか。


という訳で今日はこの辺で。今週は試験だの課題だのが14コンボで襲ってくるので多分また死にます。

(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet

レスキューの方でルール発表があったようです。

今Aの方をなんとなくよんでなんとなくわかった大きな変更点を箇条書きにしてみます。

・交差点の緑がなくなった
・缶が導電性と明記
・大会の1週間前までにプログラムとハードのコンポーネントを運営に送信する義務が発生?(詳細不明)
・ロボットから落ちた部品は競技進攻停止時にしか回収できない?
・プレゼンポスターを廃止して、選手によるプレゼンを行う? (世界大会方式?詳細は後日)
・表彰の内容とかいっぱい変わってるっぽいです。(詳細は後日)



ちゃんと読んでいないのであってるかは微妙です。

逆の意味だったりすることも多いからね!


という訳で今日はこの辺で。

あとはダンスだけ・・・かな?


(^・ω・)ノ RadiumProduction at curonet
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[09/25 ONE RoboCuper]
[11/19 big]
[11/11 お馬さん]
[08/08 うまごやぐらし!]
[04/20 匿名(にさせてw]
かうんた
らじぷろ目次
らじぷろ検索機
プロフィール
HN:
Luz
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1994/02/15
職業:
大学生
趣味:
ラボ畜
自己紹介:
初めまして。Luzと申します。
某大学の情報学科に入りました。のんびりと生活を送るのが今年の夢です。
めーる
radiumproduction☆yahoo.co.jp
※☆を@に変更して下さい。
バーコード

PR

忍者ブログ 2007-2018,Powered by Radium-Luz-Lα+-Rescatar in RadiumProduction [PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...